ロレックス デイトナ Ref.6263 初めて防水性能を実現

こんにちは。時計修理専門店の山口です。

今回はロレックス デイトナ Ref.6263を紹介していきます!

6263の画像 6263SL

このモデルは、1970年頃~1987年まで、約20年間も生産されてきた手巻きデイトナの最終モデルです!

Ref.6264の後継モデルであるRef.6263は、初代デイトナから課題であった、防水機能を実現させ50m防水を確保しました。

ねじ込み式プッシュ

『ねじ込み式』のプッシュボタンを採用したことで、プッシュボタンの部分からの水入りを防ぐことができるようになりました。

ちなみにこの部分は、このモデルの後半にはさらに改良され、またトリプロック式リューズを使用したことで、1980年代前半に100m防水に変更となっています。

ねじ込み式プッシュ 6263のプッシャー

※当初はプッシュボタンに溝がなく、後期のモデルになると溝が刻まれている

この防水性を確保したことで、このモデルから文字盤に『OYSTER』の文字が記載されるようになっています。

 

Ref.6263は、プラスチックベゼルを使ったデイトナ最後のモデルなので、今でもコンディションの良いベゼルのRef.6263はかなりの高額で取引されています。

修理に関しては、パーツのストック切れに伴い、2007年にメーカーでの修理・メンテナンスの受付は終了しているので、ご使用の際は十分に気を付けてもらいたいですね。

ROLEX(ロレックス)デイトナ
ロレックス デイトナの修理・オーバーホールのページはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です