ロレックス ロングセラーの手巻きデイトナ Ref.6265

こんにちは。時計修理専門店シエンの山口です。

昨日紹介した、ロレックス デイトナ Ref.6263と同じ時期に生産されていた、Ref.6265を紹介します! 6265bk 6265sl

Ref.6262の後継機であるステンレスベゼルのRef.6265。 このモデルもRef.6263と同じスペックを持つが、唯一の違いが『ステンレスベゼル』か『プラスチックベゼル』かの違いです。

つまりこのモデルもデイトナで初の防水性能を得たモデルです。(ちなみにRef.6240というモデルがRef.6263とRef.6265のプロトタイプという可能性もあるので、一概に初のデイトナ防水モデルではないかもしれませんが…。)

 

特徴は先日のRef.6263とほぼ同じなので、マニアックな文字盤の表記について書かせてもらいます!

手巻きデイトナRef..6263とRef.6265にはDAYTONA』表記に大小と『表記なし』が存在します。

12時間積算計の目盛を目安に見ていただくとわかりやすいのですが、小サイズ表記は11~1時位置の間にだいたい収まるが、大サイズ表記は11~1時位置からはみ出しているサイズになります。

ビッグ表記 スモール表記

文字盤交換をすると小サイズ表記の文字盤になってしまうため、大サイズ表記のモデルの方が市場では高く取引されていますね。

あと希少なのが、表記なしのモデル!

表記なし

この時期には、ダブルネーム(カルティエやティファニー)のモデルも存在し、一時のブームでたくさんの偽物も手回っていたので、真贋の鑑定は難しいでしょうね。

ROLEX(ロレックス)デイトナ
ロレックス デイトナの修理・オーバーホールのページはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です