最高峰ムーブメント!エル・プリメロ搭載のロレックス 自動巻きデイトナ

こんにちは。時計修理専門店シエンの山口です。

今回ご紹介するデイトナは、かなり現行モデル(Ref.116520)のデザインに近いモデルです。現行の一つ前のモデルです!

16520BK 16520WH

1988年頃~2000年まで生産されたRef.16520のデイトナ!

手巻きデイトナからこのデイトナに変わった時に、デザイン以外でとりあげたい点は3つ!

●念願のデイトナ初自動巻モデル!

●最高峰レベルのムーブメント!ゼニス社の『エル・プリメロ』搭載!

●デイトナのステンレスモデル初『クロノメーター』使用!(手巻きデイトナRef6263、Ref.6265の金無垢はクロノメーター使用でした)

 

このモデルは約12年間生産されましたが、この間にマイナーチェンジが行われており、初期モデル(シリアルがR品番、L品番)と1990年頃~1998年頃までのモデル(シリアルE品番~U品番)と後期モデル(シリアルA品番、P品番)で少し使用が異なっています。

ほんと細かい仕様違いですが、その使用によって販売金額が100万円以上から差がでるから凄い人気のモデルです。(そもそもデイトナは人気があるので、安いモデルでも100万円近くはしますね…。)

このRef.16520の特徴であるムーブメント『エル・プリメロ』

エルプリメロ

語りたいのですが、長くなるので後日紹介していきます!!!

ROLEX(ロレックス)デイトナ
ロレックス デイトナの修理・オーバーホールのページはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です