月面に降り立ったオメガ スピードマスター

こんにちは。時計修理専門店シエンの山口です。

1969年 アポロ11号より、初めて人類が月面への第一歩を踏み出した時、その腕に装着されていたのは、オメガ スピードマスターです!

Apollo_11

月面の滞在時間を管理していたのは、腕に装着されていたクロノグラフだけです。2時間31分の時間管理を見事に計測しました。

この成果を達成させたムーブメントは何だったのか?という議論が昔はありました。

『Cal.321』それとも『Cal.861』?

月に行った際にはCal.321を改良されたCal.821が存在していたからです。

その答えは、スイスにあるオメガ博物館に展示されている、実際に月に行ったスピードマスターにて確認がとれたそうです。

月面着陸ムーブメントは『Cal.321』です!

Cal.321

スピードマスターが公式採用された後、NASAがオメガに約100本の時計を発注していたので、Cal.821が開発される前のスピードマスターだったそうです。

つまりCal.321がジェミニ計画、アポロ計画の公式採用されていたムーブメントです!

現在、Cal.321ムーブメントの純正パーツは調達ができないため、内部パーツの加工や調整を施しながらの修理になりますね。

お困りの方は、是非ご相談ください。

OMEGA(オメガ)スピードマスター
オメガ スピードマスターの修理・オーバーホールのページはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です