ロレックス ダブルネーム

こんにちは。時計修理専門店シエンの山口です。

本日はロレックス ダブルネームについての紹介です!

ティファニー

文字盤にROLEXのロゴにくわえ別のブランド名が入っているモデルをダブルネームと呼ばれています。写真はティファニーとのダブルネームです。

各企業がロレックスに発注して、特別に製作してもらい一般向けに販売されていました。よく見受けられるのが、日本で圧倒的な人気を誇るティファニーやカルティエのダブルネームです。ただ、市場に出回る数は非常に少ないので入手困難モデルのため、偽物がたくさん出回っています。一応デイトナの各モデルに存在しているようです。

2007年にティファニーの本店があるニューヨーク5番街へいきましたが、もちろんロレックスのダブルネームは売っていませんでした。ただ、パテックフィリップのゴンドーロというモデルはダブルネームで販売していましたね!

 

今や鑑定は非常に難しいのが現状です。日本ロレックス(今は手巻きデイトナの修理は受け付けてくれない)へ修理を出すと修理はしてくれるが、文字盤は本物である証明ではないとのことです。(本物の文字盤に同じような塗料で記載するので鑑定が難しいんでしょうね)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です