トリプルゼロと言われる謎のサブマリーナ Ref.168000

こんにちは。時計修理専門店シエンの山口です。

本日はトリプルゼロと言われるサブマリーナの紹介です!

168000Ref.168000

1985年~1989年頃まで生産されたと思われるサブマリーナで、型番の桁数が通常より1つ多く0が3つなので、通称トリプルゼロと言われています。

このモデルはRef.16800と同じときに生産され見た目はほとんど一緒です。違いはステンレスの素材が、耐食性に優れた素材へ変更されたと噂されています。

ただ、国際保証書(ギャラ)には168000ではなく、16800と記載されているので、ケースの製造時に刻印ミスがあったのではないかとの説もあり、謎めいたもでるです。

ROLEX(ロレックス)サブマリーナー
ロレックス サブマリーナーの修理・オーバーホールのページはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です