少し前に生産終了したサブマリーナ デイト Ref.16610

こんにちは。時計修理専門店シエンの山口です。

少し前に生産終了したサブマリーナ デイトを紹介します!

16610Ref.16610

Ref.16800の後継モデルとして1989年~2011年頃まで生産されたサブマリーナです。

Ref.16800とスペックはにており、防水性は300m、逆回転防止ベゼル、サファイアクリスタルガラス、サイクロップレンズ、クイックデイト機能などいっしょですが、ムーブメントが2万8000回転、31石、ヒゲゼンマイをそなえたCal.3135に進化しました。

このモデルも長年生産されマイナーチェンジを少しづつして進化しています。

●文字盤の夜光塗料はトリチウムからルミノバになり、文字盤6時位置下に記載されていた『T』という文字がなくなりました。(トリチウムは発癌性の可能性を指摘されたため、夜光塗料の変更になったそうです。1990年終わりごろから)

16610のT16610Tなし

 

●ケースの横穴がなくなりました。

16610横穴 16610ケースサイド

●サファイアクリスタルに王冠のすかしが入る。(うまく写真とれませんでした)

●インナーベゼルに刻印されるようになる(見えにくいですが、ROLEXという文字やシリアル№が刻印されてます)

16610刻印なし 16610刻印あり

生産終了して中古市場の値が上がっていますね!今では中古で40万~70万しています。10年前の中古相場より20万は高くなっているような…。

ROLEX(ロレックス)サブマリーナー
ロレックス サブマリーナーの修理・オーバーホールのページはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です