希少モデル 赤シード Ref.1665

こんにちは。時計修理専門店シエンの山口です。

シードゥエラーの初代モデルRef.1665の続きですが、1970年前後(1970年~1974年という説もある)に『SEA-DWELLER  SUBMARINER 2000』という表記の色が赤で記載されているモデルがあります。

通称『赤シード』です!

1665赤シードRef.1665

このモデルはかなり希少ですが、最近は赤シードにも6つの型があると噂されています。

このあたりはまだまだ勉強中ですが、初期型になるほど希少性が高そうですね。

赤シードの画像でいいサイトがあったので、文字盤についてはこのサイトは勉強になります。http://www.doubleredseadweller.com/dr_dials.htm←赤シードについて書いてるサイト

裏蓋にも色々なデザインがみられますが、『ストレート』表記と言われる刻印が赤シードでも良いと言われていますね。(下の画像ではROLEXが横にストレートで表記されているモデルがストレートを言われています)

1665裏蓋 1665ストレート

左の裏蓋のような表記の赤シードも見たことありますが、ストレート表記は初期モデルだけなので、アンティーク市場でも右のような画像の裏蓋の方が価値が高くついていますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です