GMTマスターⅠの第3世代 Ref.16750

こんにちは。時計修理専門店シエンの山口です。

引き続きロレックスGMTマスターⅠについてですが、本日は第3世代のモデルを紹介します。

16750Ref.16750

1980年頃~1988年頃まで生産されたモデルで、Ref.1675と見た目が似ている為、判断しにくいですが、このモデルからムーブメントがCal.1575からCal.3075に進化しました。大きな変化は、クイックカレンダー機能が付いたことと、28800振動のハイビ―とに変わったことです。

発売してすぐにインデックスにフチがついたため、初期のRef.16750でなければ外観の見た目でも判断はつくようになります。

16750フチありRef.16750 フチ有り

このモデルがGMTマスターの中で最後のプラスチック風防になる為、アンティーク感ある風合いを考えている方はこのモデルより前のモデルがオススメですね。

ROLEX(ロレックス)GMTマスター
ロレックス GMTマスターの修理・オーバーホールのページはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です