ロレックス GMTマスターⅡ 型番:16710 修理実績

時計修理専門店シエンの修理実績

ブランド:ロレックス

モデル名:GMTマスターⅡ

型番:16710

16710 修理実績2 Cal.3185 修理実績2

【修理依頼内容】

内部でカラカラと異音がする。付けていてもすぐに止まってしまう。

【不具合内容】

ムーブメント油切れ・汚れ、パッキンの劣化、ガラスパッキンの劣化、ローター真の摩耗

【修理実績内容】

────────────────────────────

オーバーホール:23,000円

パッキン(裏蓋パッキン、リューズパッキン):1,500円

ガラスパッキン:2,500円

ローター真:10,000円

消費税:2,960円

────────────────────────────

総額:39,960円

【メンテナンスの見解】

内部ムーブメントの油切れの為、オーバーホールが必要です。またパッキン、ガラスパッキンが劣化しているので、防水性能が低下しています。全パッキン交換する必要があります。

内部の異音は、ローター真が摩耗している為です。ローター真は軸を中心に回転しているので長い間オーバーホールしていないと軸が摩耗していることが多いです。止まりがちなのもこのパーツが摩耗しておりローターがうまく回転していないためです。

生産終了モデルになり、人気も非常に高いGMTマスターⅡ!一度もメンテナンスされてない方もいらっしゃいますが、永くご使用するにあたってオーバーホールは必要です。是非ご検討下さい。

ROLEX(ロレックス)GMTマスター
ロレックス GMTマスターの修理・オーバーホールのページはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です