ロレックス デイトナの誕生まで

こんにちは!時計修理専門店シエンの山口です。

前回、2011年発表のデイトナ Ref116519を紹介しましたが、この機会にデイトナの全貌を紹介していきたいと思います。

まずはデイトナの誕生以前のロレックス クロノグラフから!!!

●1930年~1940年代の2つ目クロノグラフ

30~40年代のロレックス クロノグラフは、30分計とスモールセコンドの2つ目(おそら(バルジュー23かな)が主流で、3つ目モデルは50年代に入ってから主流になったと言われています。

当時は防水性は確保されておらず、プッシュボタンも丸形ではないのもあったそうです。

ロレックス クロノグラフ

昔のロレックス クロノグラフ!!!この時はまだデイトナとは呼ばれていません!!!

お目にかかることはほぼないですし、資料もあまり残ってないそうですね…。

 

●バルジュー72系を搭載した3つ目モデル

1950年代に入ると、バルジュー製のCal.72系を搭載した3つ目モデルが出始め、30分積算計とスモールセコンドにくわえ、12時間積算計がそなわりました。

ロレックス クロノグラフ3つ目

現行(Ref116520 デイトナ)でもこの30分積算計、スモールセコンド、12時間積算計の表示機能は変わっていないから驚きです。

モデル名は『ROLEX OYSTER CHRONOGRAPH(ロレックス オイスター クロノグラフ)』

OYSTER(オイスター)が名前に入っていますが、まだ防水機能は確保されていませんね。(リューズやプッシュボタンがねじ込み式ではないから)

 

当時は他にも変わったモデルがあったので、ご紹介。

ロレックス トリプルカレンダー

バルジュー72Cを使ったトリプルカレンダーモデル!

 

ロレックス ムーンフェイズ

バルジュー88のムーンフェイズモデル!!

 

これらのトリプルカレンダーやムーンフェイズ機能は、現行のロレックスでは生産されていないから面白いですね!もちろんこれらもめったにお目にかかれないので、金額は何百万~何千万円との噂…。

修理はオリジナルパーツがつくられていないので、純正パーツでの修理は難しいでしょうね。でもこれらのモデルに出会えたら見れるだけでも価値ありです!!!

ROLEX(ロレックス)デイトナ
ロレックス デイトナの修理・オーバーホールのページはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です