ロレックスやオメガなどスイス製のブランド時計の値上げ

こんにちは。時計修理専門店シエンの山口です。

今年に入ってスイス製の時計ブランドがどんどん値上げしていますね。

2015年2月1日にはロレックスの定価が7~8%値上がりしてますね!!!価格が高いだけにこの値上がり率は購入を考えている方には厳しいですね。

116610

(例)サブマリーナ デイト Ref.116610の定価は810,000円(税込)から874,800円(税込)になり64,800円の値上がり!

原因はスイス中央銀行の1ユーロ=1.2スイスフランの上限が撤廃された影響だそうです。つまりスイス製の時計ブランドは今後軒並みに値上がりする可能性が高いです。

オメガは3月2日から全商品平均で5%ほど値上がり予定とのこと。リシュモングループのカルティエやパネライ、IWCなども2月後半~3月に値上げする可能性があるらしいです。もちろんタグホイヤーやブライトリングもおそらく値上がりするんだろうと思いますね。

新品の定価が上がると中古市場の価格も高くなるので、購入を検討されている方は早めに購入された方がいいかもしれませんね!!!

弊社としてはスイス製のパーツの値上がりにより修理にかかるパーツ費用が高くならないことを祈ります!!!

cien_logo←時計修理専門店シエンはこちらより 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です