menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

オメガのオーバーホールの基本について

オメガのオーバーホールの基本について


オメガのオーバーホールとは何か


オメガを始め、ロレックスなど、機械式腕時計は定期的にオーバーホールをしなければならないと言われています。そもそも、オーバーホールとは何か?と疑問に感じる方も多いかと思います。そこで、基本的な、このオーバーホールについて説明をしていきます。
オーバーホールを一言で説明をすると、「時計を分解してメンテンナスを行うこと」を言います。ここではオメガのように時計と限定していますが、他の業界でも、このようなサービスは多く存在します。よく耳にするサービスは、車のエンジンやバイクのエンジンもオーバーホールをしてメンテンナスすることがあります。やはり心臓部となる部分をメンテンナスすることになるため、その効果は抜群です。特に時計の世界は大きな意味を持つため、しっかりと行っていく必要があるわけです。
機械式腕時計の場合、どうしても潤滑油が枯渇してしまいます。そもそも、オメガやロレックスなどの時計は、機械式腕時計と呼ばれるジャンルになります。これらは、内部に油をふんだんに利用されており「滑りを良くして動いている部分」もあるわけです。長年利用していくと、この潤滑油が枯渇してしまうと、どうしても時計としての機能を失っていきます。時計としての機能、つまり時間を正確に計ることができない状態になってしまうため、メンテナンスが必要になってくるのです。
汗などで内部を錆びさせてしまうことも要因のひとつです。潤滑油がなくなるのも非常に危険な状態ですが、サビに関して言えば、もっと深刻的な状態になってしまいます。腕時計をしていると、どうしても汗が染み付いてしまいます。いくら防水加工がされているからといって「完璧」ではありません。結果、内部が錆びてしまうこともあり、時計にとって、このサビは寿命を大きく縮めるものになります。だからこそ、しっかりとメンテナンスをする必要があります。

オメガのオーバーホールはどのタイミングで行えばよいのか


オーバーホールの必要性は先ほどの説明で理解をして頂けたかと思います。次なる疑問は、いつオーバーホールをすればよいのかという点になります。ということで、このタイミングについて、ここで触れていくため、ぜひ参考にしてみてください。
一般的には、3年に一度と言われています。しかし、場合によっては5年や時計が止まる時まで、と言われることもあります。これも1つの回答ではありますが、やはり一般的な3年が目安です。正確にぴったり3年にする必要はありませんが、「そろそろかな」と感じたぐらいのタイミングで行えばよいです。使用状況によって早めても遅めても良いようです。3年という時間は、あくまでも目安ということを頭に入れておいてください。したがって使用状況によっては、もっと短くなることもあれば、長くなることもあります。なかなか難しいかもしれませんが、自分自身で使用状況を頭に入れて、時計の動きを良く観察し、オーバーホールを行うようにしましょう。
例えば、真夏に毎日のように使用していた場合は、3年よりも少し早めに出した方がよいと言えます。これは先ほど説明した「サビ」が理由になります。ともあれ、使用状況をしっかりと考慮した上で、早めたり遅めたり判断をしていくことが大切です。
目に見える1つの目安は、時計の精度が毎日大きくズレていくようになったら、時期の到来です。この場合は、かなり早めにオーバーホールを依頼することをオススメします。時計内部では、油が枯渇し、様々なパーツを傷つけてしまう可能性があるからです。年数に関係なく、直ぐに依頼をするようにしましょう。
また、精度が落ちていくという状況以外にも、ゼンマイを巻いたとしても、直ぐに時計が止まってしまう場合も同様と考えてください。これも、タイミングとなります。

オメガのオーバーホールを依頼するときのチェックポイント


実際にオーバーホールを依頼をするとなった場合、色々なチェックポイントがあります。失敗しないためにも、ここでしっかりとチェックポイントを押さえておきましょう。
まず、保証をしっかりとしてくれているのかという点においてが重要です。オーバーホールをしたからと言って、完璧なメンテナンスができるとは限りません。利用者としては「そんなことを言わないで」と感じるかもしれませんが、人が行う作業のため、どうしてもリスクがあります。そのリスクをしっかりと保証をしてくれるのかが重要なチェックポイントになります。つまり、保証制度がある業者なのかをチェックしましょう。どれくらいで完了をしてくれるのかも考慮しましょう。
メンテナンスをするために、やはり時間というものが必要になります。この時間がどれくらいになるのかがチェックポイントになります。早い業者だと3週間ぐらいで仕上げてくれます。とにかく早く返して欲しいと考えている方は、このような早い業者を探すことがチェックポイントになります。長い場合は、長くなると伝えてくれる業者にした方がよいでしょう。

OMEGA(オメガ)
オメガの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る