menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

オメガの時計をオーバーホールしよう

オメガの時計をオーバーホールしよう



オメガのオーバーホールの必要性について


時計には大まかに分けて二つのタイプがあります。それはクォーツ式時計と機械式時計です。クォーツ式時計は中に電池が入っており、それが動力となり動いている時計のことになります。そのため、メンテナンスをする時には電池交換をしたりすることになるでしょう。一方で機械式時計とはゼンマイが動力となり指針を動かす時計のことになります。代表的な機械式時計は有名ブランドのオメガになります。オメガなどの機械式時計は購入する際に他の時計に比べて料金が高くなっているので、なるべくメンテナンスなどをして使い続けたいと思うのが一般的になります。しかし、メンテナンスは自分の力で行うことができません。また、時計屋さんの中にはメンテナンスを扱ってくれないところもあるでしょう。クォーツ式時計であれば電池交換をしたりするメンテナンスに関しては時計屋さんなどで行ってもらうことができます。しかし、機械式時計は精密な部品が密集しているので、専門の業者に依頼するのが一般的です。通常、機械式時計をメンテナンスする際にはオーバーホールのサービスを利用することになります。
ではなぜ、機械式時計はオーバーホールが必要なのでしょうか。その理由は様々な部品が使用されているからです。例えば潤滑油が部品に使用されています。また、雨の日にオメガを腕にはめていると水が侵入する可能性があるため、水入り防止のためにゴムパッキンが使用されています。当然、使用し続ければ潤滑油は乾燥して部品同士摩擦し合うため時間にズレが生じる可能性もあります。また、ゴムパッキンが劣化すると水が侵入する可能性が高くなるため、オメガに使用されている部品全てに悪影響を及ぼす可能性があります。これらの理由から定期的にオーバーホールをすることが求められるのです。しかし、オーバーホールは一度行うだけでなく、定期的に業者を利用して行ってもらわなければなりません。オメガを所有している方の中には何年に一度オーバーホールをしてもらえば良いのかわからない方もいるでしょう。基本的には3年を目安にオーバーホールをしてもらうことになります。ではオーバーホールはどのような工程で行われるのでしょうか。今回は工程について紹介します。

オメガのオーバーホールの工程について


オメガのオーバーホールの工程は大まかに分けて11のステップがあります。初めのステップは分解です。針やムーブメントのネジなどを順番に取り外し、全パーツを慎重に分解します。次のステップはムーブメントの洗浄です。業者によって異なりますが、専用の超音波洗浄機を使用し、汚れなどを徹底的に取り除くことになります。三つ目のステップはクリーンネスです。汚れがしっかりと取り除けているか確認をする工程になります。その後にステップには部品交換があります。業者に提出した全てのオメガに部品交換が必要になることはありません。交換が必要な時のみ部品交換が行われます。
部品交換の必要の有無はオメガ専任の技術者が決めることになります。部品に関しては純正のものが使用されます。工程も中間に差し掛かるとムーブメントの組み立てと注油が行われます。潤滑油を使用してパーツごと丁寧に組み立てます。注油に関しては専門の熟練の技術者が行うため、摩擦を最小限に抑えられるように注油してもらえるでしょう。その後に精度調査が行われます。クロノグラフ部分を組み立てる前に精度調査が行われます。機械の中だけでなく、表面のケースやブレス磨きも行ってもらうことができます。オメガの表面は鏡面仕上げの部分とヘアライン仕上げの部分が重なっている製品もあるため、磨き上げる際には熟練した技術者が担当しなければ行うことができません。業者の中には技術力が高いところもあるためブレス磨きの対応をしてくれるところもあります。その後、針やケースの組み立てが行われ、防水検査が行われます。防水検査が終了するとパワーリザーブと巻き上げの点検をしてから最後にお客様の手元に返されることになります。

オメガをオーバーホールしてもらうための業者の選び方のコツとは!?


オメガのオーバーホールをしてくれる業者は複数あるため、どの業者を選べば良いのか迷われる方も少なくありませんが、選び方にはコツがあるので今回はコツを紹介します。例えば保証サービスを付けてくれるかどうかです。特に初めて大切な時計を業者に提出される方の中には不安を抱いている方も少なくないでしょう。業者の中には一年間保証してくれるサービスを実施してくれるところもあるので、初めて利用する方も安心して利用することが可能です。また、業者の中にはメーカーの修理価格よりも安い値段でオーバーホールをしてもらうことができます。
さらに納期に関しては約3週間で設定してくれるところもあるので、安い価格でなるべく早めに届けてもらうことができるでしょう。

OMEGA(オメガ)
オメガの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る