menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

オメガの歴史と、時計の修理・オーバーホールについて

オメガの歴史と、時計の修理・オーバーホールについて


オメガの歴史と、時計のオーバーホールに関する情報



腕時計のハイブランドとされるメーカーの中でも、代表的なものの一つとして、オメガを挙げる人は数多く存在します。こちらは、時計の生産地として、長い歴史を持つスイスの時計メーカーです。

オメガなどの機械式時計を、長い期間に渡って使用し続けるためには、定期的にオーバーホールを行う必要があります。時計の駆動する部分であるムーブメントは、多数の歯車によって構成される精巧な作りとなっています。そして、ムーブメントの金属パーツには、摩耗を防ぐための潤滑油が使用されていますが、一定の期間が経過すると、この油が劣化・枯渇して、部品を摩耗・損傷させることとなってしまいます。こちらの潤滑油は、自動車に使用されるオイルと同様のものをイメージすると分かりやすいでしょう。

そのようにして、油が劣化・枯渇したままの状態で時計を使用し続けると、部品の摩耗・損傷がさらに進み、時計の寿命を縮めてしまうことに繋がります。こちらの問題を解決するためには、定期的なオーバーホールをすることがポイントになります。

手持ちの時計が止まってしまう場合、主な原因となるのは、油の枯渇・汚れなどです。こちらは、オーバーホールによってメンテナンスをするほか、部品交換が必要になることがあります。また、時間が正確でなくなった場合には、油切れや汚れが原因になっていることが多くあります。こちらの問題は、ほとんどの場合、オーバーホールをすることによって解決することが可能になります。



手持ちの時計に何らかのトラブルが起こってお困りの方はこちらをチェック



オメガは、長い歴史を持つブランドですが、オメガなどの機械式時計を使用していて、急に動かなくなった場合、原因となる可能性が高いのは、ゼンマイ切れです。また、時計を落としたり、ぶつけたりしたことにより、部品が破損している場合もあります。これらの問題を解決するには、オーバーホールによるメンテナンスの他に、部品交換が必要になることがあります。

また、時間が遅れる場合の主たる原因は、油切れや汚れなどです。そして、時間が進む場合には、内部にある部品に問題があったり、歪んだりしている可能性があります。時間の遅れや進みという問題が起こったら、オーバーホールを行うタイミングと考えれば良いでしょう。

時計が正常に動いている状態ならば、オーバーホールを依頼する必要はないと考える方もいるかもしれません。しかしながら、時計が止まってしまってからオーバーホールを行うと、部品交換にかかる費用が高額になるので、注意する必要があります。もともと、機械式時計は定期的なメンテナンスをするように作られていることを考えると、一定の期間ごとにオーバーホールを行うのがおすすめの方法と言えます。

次に、風防のガラス部分が曇った場合、内部に水が入っている可能性もあります。水入りが原因となっている場合、錆や腐食の原因となるので、状況が深刻化しないうちに、オーバーホールや修理を依頼するのがおすすめの方法です。



利用する業者を選ぶにあたって気を配りたいポイント



時計ブランドとして長い歴史があるオメガなどの時計を修理してもらう場合、あらかじめ見積もりを依頼すると良いでしょう。業者の中には、インターネット上のウェブサイトに設置したフォームで、無料見積もり宅配パックの注文を受け付けているところもあります。こちらは、ウェブ上のフォームにて必要事項を入力・送信して注文手続きを行った後、到着した宅配ボックスに時計を入れ、相手方の業者に発送すると、見積もりをしてくれるというサービスになります。このサービスは、自分で梱包用資材を調達する必要もなく、全ての手続きを自宅に居ながらにして行うことができるので、負担するエネルギーや時間、コストが少なくて済むというメリットがあります。

また、メールで問い合わせをすると、大まかな見積金額を提示してくれる業者も存在します。こちらは、実物の時計を梱包・発送する手間暇、費用を省いて、修理費用の概算金額を気軽に知ることのできるサービスです。ただし、現物による査定と比較すると、見積金額の精度は下がることとなるので、正確な修理料金が知りたい場合には、無料宅配パックなどを利用して、実物の査定を受けるようにしましょう。

次に、オメガなどの時計を修理・オーバーホールしてもらう場合、利用する業者の選定方法もチェックポイントになります。中でも、メーカーは、充実した保証サービスが提供されるなど、信頼性が高いという魅力がありますが、反面、割高な費用がかかる傾向にあります。こちらの問題を解決するためには、時計の修理やオーバーホールを専門的に行っている業者を利用するという選択肢が存在します。中でも、専門性の高いスキルを持つところを利用すれば、そのメリットを強く感じることができるでしょう。

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る