menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

オメガの腕時計を修理して長持ちさせるには

オメガの腕時計を修理して長持ちさせるには

高級腕時計オメガの修理


ブランド物の高価な腕時計は、毎日のメンテナンスを徹底することで長く使用することができます。特に男性に人気の高いスイスの高級メーカー「オメガ」はアポロ宇宙計画にも採用されて、腕時計としては初の月面着陸という栄誉を獲得しただけでなく、アポロ13号が無事に地球に帰還することができたのも、「スピードマスター」に搭載されている自動巻きムーブメントの正確さが勝利を成し得た瞬間と言えるでしょう。これ以降、オメガは唯一、宇宙の船外活動時に着用することが認められた腕時計になったのです。
このような歴史のある高級品は油を注がなければ金属パーツなどが摩擦によっていたみやすくなるので、オーバーホールを数年に一度は行うことが必要でしょう。それではどのような店にオーバーホールを依頼すればいいのか説明します。街中の時計屋に持ち込めばいいとお考えの方もいるでしょう。もちろん、腕利きの職人が在籍していて、色々なメーカーの時計を治すことができるのであれば安心して任せることもできます。
しかし、ここで忘れてはいけないことがあります。それはオメガのようなものでは、ムーブメントに使用されている部品の数が200近くあるということです。このような数であるからこそ、きちんとした知識のある専門的な修理工房に依頼することが望ましいと考えます。たとえば、数多くの高級品を専門的に修理している店舗、有名メーカーで修理を行っていたベテランや技術専門の学校を卒業している方などが在籍している修理工房ならば、それぞれの分野で担当しますので、すべてにおいて技術力が優れていると言えるでしょう。インターネットでも探すことが可能ですし、全国からの修理を引き受けている専門店もあるので、無料見積りなどを利用してまずは相談することをおすすめします。

修理可能なオメガの腕時計


高級腕時計のオメガなどは、高価な品物として大学合格や就職が決まった際に両親から贈られることが多く、一生ものとして長く愛用している方が多いです。シリーズモデルにもよりますが、100から200ものパーツが重なりあい構成されていることから、潤滑油が足りなくなると摩擦などによって不具合が生じてしまうことから作動不良に陥ってしまいます。
それを防ぐ意味でも数年に一度は、オーバーホールに出すことが求められているのです。どのような方法でオーバーホールを行っているのでしょう。オメガのような高級品の一般的なオーバーホール方法を見てみましょう。
まずは、オーバーホールが一任できる修理屋を探す場合、梱包キットがあり全国送料無料である店舗に依頼しましょう。無料で見積もりも行っているところは多いですが、内容によっては料金が高くなる場合がありますので、見積もり後のキャンセルが無料でできることも安心できる要素です。
最高のコンディションによみがえらせるためには、純正部品を使うことが求められるため、メンテナンス内容により数万円かかることもあります。しかし、デパートに入っている直営店舗に依頼するよりもマージンが入らない分、かなりの割引となり安くなっているところは多いです。
また、仕上げ磨きまで行える技術者が在籍していれば、オーバーホールの最後に磨き上げることも可能ですから、新品のような出来栄えとなります。時間には余裕を持たせて考えるようにしましょう。最低でも3週間はかかりますし、内容によっては2カ月近くかかることも十分にあり得ます。

オメガはこまめに修理すれば長持ちする腕時計


オメガのオーバーホールは、部品すべてを分解するところから始まります。針・ネジ・歯車のパーツ類はかなり細かな部品になりますが、慎重に丁寧に分解します。取り除かれたパーツ類は、超音波洗浄機など専用の器具を用いてきれいに洗い流します。実は汚れが残っていることが多く見られることから、この洗浄作業は重要になります。時計屋と言えば、目につけているルーペを思い出す方もいるはずです。洗浄後は汚れのチェックはルーペを用いて確認します。
部品の交換が必要な場合にはこの段階で純正部品を使用します。その後は、パーツ一つ一つに潤滑油を与えます。摩擦を防ぐことで長い期間の使用にも負けない高品質になります。精度調整は、日差を基準にしています。10秒以内であればかなりの高精度と考えられています。ケース・ブレスと呼ばれている新品仕上げを可能にするためにも、専用の技術者の力で輝きを取り戻せると考えられているのです。パッキンなども劣化することからチェックします。防水性の優れているオメガですから水の圧力に耐えるように調整します。残すは最終段階の巻き上げ点検です。一気にゼンマイを巻き上げることで持続時間をチェックします。
すべての品質検査を得て、しっかりとした出来栄えでしたら、オーバーホールが完了していることの保証書を付けてくれる店舗を選ぶとよいでしょう。オーバーホールができることは、それだけの技術力を兼ね備えた修理職人が在籍していることの証となります。時を刻むムーブメントを本来の姿に戻すためにも、定期的なメンテナンスは必要ですし、大切に扱えば次の世代にも受け継ぐことができるでしょう。

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る