menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

オメガをオーバーホールするポイント

オメガをオーバーホールするポイント



オメガのオーバーホール



究極の時計とも呼ばれている程、最高品質として名高いオメガの時計。その品質から、部品が大量にあることでも知られているため、素人はもちろん、経験が浅い修理者が手を出すと、修理やオーバーホールどころではなく、元の状態に戻すことすら出来なくなる恐れがあると言われています。そんな繊細なオメガですが、オーバーホールをする際には、どのようにして行われるのでしょうか。

まずは、オーバーホールの種類を把握することから始められます。一口にオメガと言ってもその種類は数多くあります。例えば、クオーツやクオーツ・クロノグラフなど、同じような名前でも、修理方法などが全く異なりますので、その道のプロが修理を行わないと、誤って破壊してしまう恐れがあります。他にも手巻きや自動巻きなどの違いもある点が特徴的だと言えますが、どちらにせよプロの手に任せるようにしないと、修理が不十分で終わってしまう可能性が高いでしょう。

また、修理方法がそれぞれ異なる分、当然ですが修理金額も異なります。事前に明細を出している店舗もあれば、店舗によっては、修理をした後に請求金額を提示して、予想以上の金額だったものの、払わざるを得ない状況に持ち込むという悪質な店舗もあるので、店舗選びが非常に重要と言えます。納期や修理期間なども店舗によって異なりますので、事前に確認をして、ある程度の予想を立てておく必要があるでしょう。

このように、ブランド時計だからこそ、修理方法も丁重に行う必要がありますが、修理店舗の選び方によっては、必要以上の金額を取られる可能性が高いので、十分注意しましょう。損をしないためにも、いくつか店舗を比較することも大切です。



修理の流れ



同じブランドの時計でも、時計の種類によって、オーバーホールの方法は少しずつ異なります。オメガの場合は主に、以下のような流れでオーバーホールが進められていきます。

まず初めは、時計の奥の部分までしっかりとメンテナンスを行うために、分解を行います。ダイヤルやハリの部分など、時計の表面の部分を分解した後に、歯車やねじなどの、動きに関係がある更に細かい部分を全て取り外して、分解を行っていくのです。分解する順番が非常に複雑で、一つでも間違えると分解が上手くいかないケースや、部品が破損してしまう恐れがあります。

次に、ムーブメントの洗浄を行っていきます。それぞれの部品をパーツごとに特殊な洗浄機械に入れ、細かい汚れまでしっかりと洗浄を行います。全パーツピカピカになるまで洗浄を行いますので、修理後の時計と修理前の時計では、まるで別物のようになっていると言っても過言ではありません。洗浄後、プロの手によってそれぞれの部品の汚れ残りを確認し、検査に通ったら次のステップに進みます。

洗浄後部品の一つ一つを再度検査を行い、修理箇所は無いかどうか、必要に応じて、部品の交換を行います。プロの手で必要かどうかを判断するため、入念細かい検査が行われていきます。交換の場合は、オメガ純正部品のみが利用されることが基本です。検査にクリアしたら元通りに組み立てていき、注油を行って、時計の調節、制度の調節を行ったら、完了になります。

このように、多くの検査、審査をクリアして、調節が行われるのが、修理の際の特徴だと言えるでしょう。



価格の相場について



定期的にオーバーホールをすることでその品質の高さを保つことが出来るオメガの時計。店舗によっても異なりますので一概には言えないのですが、オーバーホールの際には、相場としてこれほどの価格が必要になります。

オメガの修理などの際は、プロの手によって行われることが基本であり、必要に応じて無償で部品交換などを行われます。それらの金額を全て合わせると、少し高くなりがちです。この金額は修理する時計の種類によっても異なりますが、一般的なクオーツの場合はその相場よりも少し安めに設定されていることもあります。それでもやはりお金がかかることが多いです。しかし、安ければ良いということではありません。

また、期間についてですが、多くの場合、一か月前後をメンテナンス期間として設けている店舗が多く、預けてから一か月前後で、宅配で自宅に届くか、店頭に取りに行く必要があるか、メンテナンスを頼んだ店舗によって、対応をする必要があります。急ぎで修理をしたいと思っても、ブランドの時計はどうしてもこれほどの期間がかかる場合が多いので、自分の元に返ってくる期間がいつになるかは、申し込みの際に事前に確認をする必要があるでしょう。

このようにオメガのオーバーホールは、種類によっても金額が異なり、メンテナンス時間も長期的に設けているのも、特徴の一つです。

OMEGA(オメガ)
オメガの修理・オーバーホールのページはこちら

無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る