menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

オメガを修理してもらおう

オメガを修理してもらおう



オメガを修理しよう



日本に流通している腕時計は大まかに分けて二つのタイプがあります。それはゼンマイ式とクオーツ式です。ゼンマイ式はゼンマイが針を動かず原動力になります。一方でクオーツ式は電池で動くタイプの腕時計です。修理をする時、クオーツ式の腕時計は電池で動くため、もし針の動きに不具合が生じた時、電池交換をするだけで改善できる可能性があります。一方でゼンマイ式は電池を使用していないため、針に不具合が生じた時は専門の業者に依頼するのが一般的です。

日本では腕時計をこのように二つのタイプに分けることができますが、高級腕時計と呼ばれる製品に関してはゼンマイ式のケースが多くなっています。例えば有名ブランドとして知られているオメガは高級腕時計になります。オメガは低価格で購入することは難しく、販売店においては100万円以上で売られている製品もあります。そのため、一般の人においては購入計画を立てて貯蓄をしながら購入に必要な金額を貯める人が多いです。自分で購入するのではなく、何かの祝い事でオメガをプレゼントされる人もいます。例えば大学入学祝いや入社祝いなどです。このような祝い事で親御さんから頂いた方の中には大学や会社で既に身に付けている人も少なくないでしょう。

腕時計は基本的に一定期間使用をしたら修理が必要です。その理由は部品の劣化や潤滑油の乾燥が起こるからです。部品が劣化する部分として挙げられるのが防水機能のあるゴムです。雨などの水から部品を守るためにゴムを使用しており、中に水が侵入しづらいように設計されています。ゴムは長年使用していると乾燥しやすくなるので、乾燥すると防水機能が低下する恐れがあります。

ゼンマイ式は精密な部品がお互いを支え合いながら動いていますが、動きをスムーズにするために部品には潤滑油が塗布されています。この潤滑油も長年の使用によってゴムパッキンと同様に乾燥するので、乾燥をすればそれを取り除き、再び潤滑油を塗布して動きを滑らかにしなければ故障の原因になる可能性があります。通常このようなメンテナンスをオーバーホールと言い、普段からオメガを着用している人の多くは利用しています。おおよその修理間隔は3年に一度とされています。



オメガの修理を受け付けてくれる業者の利点について



オメガの修理を受け付けてくれる業者は複数存在しており、その修理ができる場所によって得られる利点は異なります。そのため、既にオメガを購入して3年経過している人は、利点を知ることで参考にできるのではないでしょうか。

修理やオーバーホールと聞いて一番始めに思い浮かびやすい場所はメーカーです。メーカーでは部品の交換やメンテナンスに対応してくれるところが多く、直営の正規店などを利用して依頼することができます。メーカー直営店は期限内であれば保証が受けられる点や、メーカーの直営店が対応することになるので、安心して愛着のあるオメガを任せられる点が魅力的です。そのため、保証面や信頼性の高さに利点を感じる人も多いです。

一方で価格は安くないところがほとんどです。それぞれの腕時計の状態などによっても変化しますが、10万円以上の見積もり提示をされるケースもあり、費用に負担を感じる人もいます。

その他の受け付けてくれる場所には専門修理業者があります。主に修理を専門にお仕事をしている業者のことで、販売などは行っていないケースもあります。腕時計のオーバーホールなどの経験が豊富で技術力が高いので、今ではメーカー直営ではなく専門業者を利用する人が多くなっています。

経験や技術が高いだけでなく、価格に関してはメーカーの見積もりの半分以下で対応してくれるところもあるなど、費用の負担が少なくて済むという特徴があります。特にオーバーホールに関しては数年に一度利用したいと思う人も多いので、安い方が好ましいと感じることが多いでしょう。専門業者を利用して修理の依頼をしてみてはいかがでしょうか。



専門修理業者の選び方のポイント



専門修理業者の選び方を知りたいと考えている人も少なくないでしょう。選び方があるので、参考にすれば修理した後に悔やむ可能性を低くすることができます。

選び方としてはまずオーバーホール後どのくらいの期間で自身の腕時計を返却してくれるかが挙げられます。特に仕事やプライベートなど幅広い場所で着用している人の中には、できるだけ早い期間で返却してほしいと考える人も少なくありません。業者を選択する時はまずどのぐらい時間がかかるのかを確認して、なるべく短いところを選択するようにすれば、短い期間で返却してもらって生活の中に再び取り入れることができます。

その他の選び方としては価格を知るために見積もり依頼をすることです。業者によっても異なりますが、インターネットから見積もりの受け付けをしてくれるところがあるので、見積もりを比較すれば安い業者やサービスの高いところを選択できる可能性があります。

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る