menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

オメガ時計のオーバーホールは時計修理専門店へ

オメガ時計のオーバーホールは時計修理専門店へ


オメガ時計と高度なメンテナンス作業



誰もがよく知るオメガは、スイスが誇る高級時計メーカーですが、1848年にある人物がヌーシャテル州にあるコミューンに工房を開いたことからその歴史は始まりました。このメーカーが世界でも有名になったのは1965年の時で、アメリカ航空宇宙局の公式ウォッチとして採用され、その高い耐久性が一般に有名になったことに由来します。このように同メーカーは耐久性にも優れている上に細かなパーツが多く、ムーブメントに使用されるパーツは100を超え、クロノタイプでは200を超えるパーツが存在しています。

この細やかな時計のオーバーホールを行うには、専任の技術スタッフが必要となり、専門のメンテナンススタッフを抱える修理店でなければ、万全なメンテナンスを行えないことがお判りいただけるでしょう。定期的なメンテナンスを怠っていると、長持ちしないばかりか歯車が摩耗して、取り返しのつかない事態に陥ってしまうこともあり得るのです。メンテナンスを行う際には、わざわざ持ち込みをしなくてもいい場合があります。

例えば郵送をすればメンテナンスをしてくれる業者もあります。こういった業者は全国対応の無料梱包キットを用意していて、送り次第無料見積もりをした上で、どのくらい費用がかかるのかをお知らせしてくれます。こうしたサービスが行われていない所もあるので、万全を期するためにもこうした確認はするべきでしょう。信頼のおける業者の選定の目安としては、きちんとしたWEBサイトがあることが重要で、こうしたサイト内ではある程度の修理価格やメンテナンス料金も提示してあるものです。



オメガ時計のオーバーホールの工程



元々ウォッチの生産技術は17世紀頃のフランスを中心に発展し、後々その技術力の広まりにより、ドイツやイギリス、スイスなどもウォッチの生産地となっていきました。スイスウォッチの技術力の高さは19世紀ごろには広く知られるようになり、世界で最も高品質な機械時計とさえ称されるようになりました。クロノメーターの開発でウォッチの技術もさらに向上し、パイロットなどの間で懐中時計より素早く見られるとして腕時計を愛好する人が増え始め、さらにその知名度が上がっていくようになっていきます。

こうした技術の発展に歴史のある時計を後世に残していくという意味でも、オーバーホールは大事な作業と言えるでしょう。メンテナンスを行う上での作業の工程は、まずムーブメントの分解を行うことから始まります。ダイヤルや針を丁寧に取り外したうえで、ムーブメントのネジや歯車など、主要な精密部分である全パーツを慎重に分解していくのです。そしてムーブメントの洗浄を行いますが、各パーツを専用のバスケットに入れ、独自の超音波洗浄機によって隅々まで徹底的に汚れを取り除く作業を行います。

もちろん確認作業は大事な工程の一つで、洗浄後は汚れが無いのか確かめるために、全パーツ一つ一つをルーペで確認していく作業を行います。これはクリーンネスといい、この時に部品の交換が必要な場合は交換作業を行って、注油をすることでパーツの摩耗を防ぐことができます。注油オイルも専用のものが使われたうえで仕上げられていきますが、こうしたメンテナンス作業以外にも、外観を磨くことで新品同様の輝きに戻すサービスも行われています。



オメガウォッチのメンテナンスについて



スイスウォッチの多くは、部品数が多く、卓越した技術力に裏打ちされた技の結晶と言えるものです。オメガの特徴はそのラインナップにあります。若者に人気のクロノメーターは世界的重要機関の公式採用ウォッチでもあり、高機能と高性能の名にふさわしいネーミングがされています。価格は意外にも手頃なものが多く、アウトドアで威力を発揮することでしょう。また、ダイバーウォッチとして人気が高い防水特化タイプは、高い精度と耐久性を発揮できる仕様となっており、値段はかなり安めの価格帯になっています。

実用的な面を重視しつつ宝飾性の高いモデルもあり、庶民でも簡単に手が届く価格なので、気軽に購入することができるでしょう。コンステレーションは英語で星座を意味する言葉で、文字盤の6時の位置にある星と、裏蓋の天文台が印象的なモデルですが、これを真似たメーカーもあるようです。高級時計の印象が高いメーカーで、以外にも手頃な価格で多く売られていますが、そこはやはり精密機器なので、定期的なオーバーホールはぜひ受けておきたいところです。

オーバーホールはやはり、技術に裏打ちされた専門の時計店にオーダーするのがベストですが、依頼先は正規代理店でのメンテナンスと、一般時計修理工房のどちらが良いのか迷ってしまうところです。大事なものであるならばやはりメーカー正規のメンテナンスの方が良いと考える方も少なくありませんが、修理工房でも熟練した技術者が丁寧に修理してくれます。また、修理工房の方が料金的に安くなることもあるため、事前に見積もりをとって比較すると良いでしょう。

オメガ(OMEGA)
オメガの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る