menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

オリスのオーバーホールの豆知識

オリスのオーバーホールの豆知識


オリスのオーバーホールをする前に知っておくべきことについて



オリスのオーバーホールを検討されている方もいると思います。特に初めてオーバーホールを利用する方はどこに依頼をすればいいのか、どのぐらいの費用がかかるのかわからず不安に思われている方もいるのではないでしょうか。分からないことを明確にしておけば不安は少なくなり、気軽に店舗へ依頼をすることができるでしょう。

まずはどこに依頼をすればいいのかという点です。依頼できる場所は大まかに分けて3つあります。それは販売メーカー、家電量販店や百貨店、修理専門業者です。販売メーカーとは主にオリスを販売しているメーカーに依頼することです。オリスでは販売と同時に部品の交換なども受け付けており、依頼すればオーバーホールなどを行ってもらうこともできます。特徴としてメーカーはオリスの販売や製造経歴が長いため、信頼感や安心感を得られる方もいます。一方で部品の取り扱いも多いため、万が一トラブルが起きている箇所に関してはすぐに部品を交換してしまうため、他の業者に比べて値段が高くなります。家電量販店や百貨店などではオーバーホールを受け付けてくれるところがあります。特徴としては店舗数が多いため、アクセスの利便性が良好です。これにより手軽に持ち運ぶことができます。一方で家電量販店や百貨店は時計を専門に扱うお店ではありません。時計の販売も行っていますが、その他にも家電製品や洋服なども販売しています。この理由から時計愛好家の中にはクオリティに疑問を持たれる方も少なくありません。

最後は専門の修理業者に依頼する方法です。現在では販売と平行して修理を受け付けてくれるところや、修理を専門に行っている業者もあります。専門業者に依頼する特徴としてはクオリティが高いところが多い点です。主にゼンマイ式時計を扱い、数多くの時計のオーバーホール実績があります。これによって当然クオリティなども一定において確保されています。更に販売メーカーに依頼するよりも低価格で依頼ができます。基本的にオーバーホールは数年に一度行う方が多く、針が動かなくなってから依頼をする方は少なくなっています。値段が安いことでオリスを所有する方はメンテナンスにかかる費用の負担を軽減することができるでしょう。

更に郵送にて受け付けてくれるところもあります。近くに専門業者がいない方でも郵便局は各地に点在していますので、利用しやすいのではないでしょうか。もしクオリティが高いところ、費用の負担をなるべく抑えたいと考えている方は専門業者への依頼を検討されてみてはいかがでしょうか。



オーバーホールの流れについて



初めてオーバーホールを利用する方の中にはどのような流れでメンテナンスが行われるのかわからない方も少なくありません。

まず一番初めに分解が行われます。ゼンマイ部分に至るまで内部部品に関しても全て分解します。その後に洗浄が行われます。洗浄をすることによって一つひとつのパーツに付着している汚れを落とすことができ、パーツを綺麗な状態にします。洗浄と一言で言ってもその段階は3から4回に分けて行われ、専用の薬品を使用して洗浄を繰り返します。その後に組み立てと注油が行われます。全て分解した場合、元通りに組み立てることはかなりの技術が必要です。専門業者などでは経験を積んだ職人が一つ一つのパーツを丁寧に組み立てていきます。また、この際にパーツ同士の動きを良くするために注油を行います。注油を行うことで部品の滑りが改善され、針の動きなどを改善することができます。その後にタイミングの調整を行います。タイミングの調整においては最終的に日差0からプラス5秒程度を目指して調節を行います。

その後に新品仕上げを行います。新品仕上げではケースやブレスレットも一つ一つ分解し、綺麗にポリッシュしてくれます。そして防水テストが行われます。防水テストではカプセル内にセットした時計を加圧して時計の歪みの変化を高精度で検出します。最後にテストを行います。テストは持続時間テスト、巻き上げテストが行われます。そして、検品を行い、完成して持ち主の元へ返されます。



専門業者に依頼をする時のポイント



専門業者にオリスのオーバーホールを依頼する時にはポイントがありますので、そのポイントを参考にして自分の嗜好に合ったところを選択しましょう。例えばポイントとしては保証です。保証があれば初めて利用する業者でも、比較的安心して依頼をすることができるでしょう。保証期間はそれぞれの業者で異なるため、保証を選択基準として選ぶのも一つのポイントです。

また、値段に関して気になる方は見積もりを依頼しましょう。見積もりは無料で行ってくれるところが多いため、様々な業者からとって、それを見比べて選択することも可能です。納期の早いところを選択すれば、愛用中のオリスを手放している期間も少なくなるでしょう。


ORIS(オリス)オリスの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る