menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

オリスのオーバーホールを依頼するときの注意点とは?

オリスのオーバーホールを依頼するときの注意点とは?




オリスの腕時計を持ったら気をつけたいメンテナンス



オリスのような機械式の時計を良い状態で持つためには、オーバーホールといわれるメンテナンスが必要です。機械式の腕時計は内部に油が使われていますが、使用しているとその油はだんだんと減ってきます。腕時計は油が切れたまま動いていると内部の部品が摩擦で劣化してしまうので、その劣化を防止するためにオーバーホールというメンテナンスが必要になってきます。オーバーホールはおよそ3年に1回の頻度で行うことが推奨されています。

機械式の腕時計はクォーツ式と比べるとそのメンテナンスに手間がかかりますが、その分、こまめにメンテナンスをすることで長く愛用することができるというメリットがあります。クォーツ式であれば電子回路で動いているため、電子回路が壊れてしまったらもう修理をすることができないという場合もあります。電子回路の寿命はおよそ10年といわれています。その点オリスなどの機械式腕時計であれば、定期的にオーバーホールを行っていれば、何十年も使い続けることができます。1950年代の機械式腕時計を、いまだに修理受付しているメーカーもありますので、お気に入りの腕時計を一生大切に使いたいという方には、機械式の腕時計が最適です。

しかしながら、機械式の腕時計はメンテナンス費用もそれなりにかかってしまいます。特にオリスのメンテナンスや修理は金額が高くなりがちです。そこでこちらでは、それでも本当にメンテナンスは必要になるのか、また、メンテナンスを依頼するとしたらどこに依頼するべきなのか、ということについて紹介します。



オーバーホールの必要性は?なぜ金額が高くなる?



機械式の腕時計は全般的にとても繊細なものです。中に入っている部品の中には、少し力を加えただけで折れてしまうような、細くて弱い部品もあります。その部品をひとつずつ分解しながらオーバーホールを行うため高い技術が必要になるのですが、実は、オリスのオーバーホールはその中でも少し特殊だと言われています。時計の内部自体がとても複雑にできているので、ものによってはひとつの時計のメンテナンスだけで丸一日かかってしまうこともあります。

そのためオリスのオーバーホールはメーカーに依頼すると、かなりの金額になってしまうことが知られています。とても複雑で繊細な内部を分解して、洗浄、そして潤滑油をつけて組み立てなおすという作業は大変なものですから、それだけ料金も高くなります。さらに、並行品を購入した場合は、正規代理店で購入した場合と比較して2倍ほどの値段になります。そのため、それだけの費用を出すことを躊躇って、メンテナンスを行わないという方もいるのが現実です。

しかしながらオリスの腕時計の特徴としては、その部品の調達が難しいという部分もあります。オーバーホールをせずに使い続けていると、潤滑油がなくなってしまうため部品が劣化してきます。さらに劣化したまま使い続けた結果、部品の交換が必要な修理をしなければならなくなる可能性もあります。そうなるとメンテナンスにかかる費用とは比較にならないほどの修理費用がかかる場合もありますし、部品の調達自体にかなりの時間を要する可能性もあります。そのため、オリスの腕時計は特にオーバーホールをこまめに行うことが求められているのです。



メンテナンスを依頼するなら信頼できる修理専門店で



それではそれほど繊細なオリスのオーバーホールはどこの店舗に依頼すると良いのでしょうか。メーカーに依頼するというのがひとつの方法ですが、前述したようにかなりの料金がかかります。高額の出費ともいえるほどの金額です。ですから、オリスのオーバーホールは時計の修理・メンテナンスを専門にしている修理専門店に依頼するのが得策です。

修理専門店であれば、メーカーが提示する料金の5割から4割程度の金額でオーバーホールができる店舗もあります。メーカー以外の時計販売店でもメンテナンスの依頼はできますが、その場合中間マージンなどが発生する場合もありますので、ここは修理やメンテナンスを専門としている店舗を選ぶ方が良いでしょう。

しかしながら、その修理専門店も信頼できる店舗なのかどうかという点を見極める必要があります。オリスの腕時計を預けるのでしたらなおさらです。見極めるためのポイントとしては、オリスの修理やメンテナンスの実績がどれくらいあるかという点がひとつの基準となります。多くの腕時計のオーバーホールや修理をしてきた専門店であれば、それだけ経験豊富な時計技師が存在しているということですから安心できます。

さらに品質保証がつくかどうかという点も見ておきたいものです。修理やメンテナンスが終わった後に保証が付く修理専門店であれば、もしも不具合があったとしても無償で修理を行ってくれるので余分な出費がかさむということもありません。一生ものの大切なオリスだからこそ、本当に信頼できる高い技術を持った専門店を吟味したいものです。

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る