menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

オリスの腕時計を買うなら事前にこちらをチェック

オリスの腕時計を買うなら事前にこちらをチェック



時計を買うならオリスのモデルもおすすめ


これから腕時計を購入したいとお考えの方には、「オリス(ORIS)」というブランドのモデルもおすすめの商品になります。こちらは、1904年、ポール・カッティン & ジョルジュ・クリスチャンによって創業されたスイス・ヘルシュタインのブランドです。「真のスイス製機械式時計」に対するこだわりを持ち続けるこのブランドは、奇をてらうことなく、ただひたすら物事の本質を見極めようとする男性のようです。こちらは、スイスの老舗ブランドで、日常使いが可能なコストパフォーマンスの良い、クオリティの高い機械式時計を提供し続けています。
1938年には、日付を指針で読み取るという画期的な機構である「ポインターデイト」が発表され、オリスのブランド名が一躍メジャーなものとなりました。ポインターデイトは、当時から70年以上の歳月を経た現在もなお、数多くの時計に採用されている機構です。また、オリスの時計は、当ブランドの象徴で、スイスの高品質時計の証明でもある「レッドローター」が全てのモデルに搭載されています。

当ブランドで展開されている各シリーズの紹介


オリスの中でも、「アートリエ(ARTELIER)」には、ポインターデイトやコンプリケーションなど、バラエティ豊かな機能とオリジナリティあふれるダイヤルデザインの商品が豊富にラインナップされています。こちらは、実用性に優れたエレガントなモデルで、日常的な生活シーンの中で使い込むほどに、楽しみがいっぱいに広がります。こちらは、クラシカルでエレガントな雰囲気のただよう薄型のドレスウォッチで、オールドウォッチを思わせる美しい意匠が印象的です。オリスの代表的なドレスウォッチ、アートリエは、薄型のケースとなめらかな曲線のラグ、職人によるクオリティの高い技術を証明する「ギョーシェ彫り」がほどこされたダイヤルなどによって構成されています。アートリエには、シンプルな印象の3針モデルや両面スケルトンのダイヤルなど、バラエティ豊かな機能の搭載されたモデルがラインナップされています。このシリーズならではの特徴の1つとして、全てのモデルに機械式ムーブメントを搭載し、機械式時計の魅力あふれるデザインを追求していることが挙げられます。
次に、「アクイス(AQUIS)」は、2011年に登場した本格的ダイバーズシリーズで、水深300メートル以上でも使用可能という優れた防水機能を発揮します。こちらのシリーズは、ダイビングやマリンスポーツでの使用はもちろんのこと、タウンユースとも相性の良いデザインがほどこされ、人気を呼んでいます。そのように、機能性のみならず、デザイン性に於いても妥協を許さないアクイスのダイビングウォッチは、オリスの中でも定番モデルの地位を獲得しています。このシリーズには、デイト・スモールセコンドに始まり、クロノグラフ・チタン・デプスゲージ(水深計)に至るまで、幅広いジャンルのモデルがラインナップされています。

その他にも魅力的なモデルが豊富にラインナップされている


また、「アーティックス(ARTIX)」は、2011年に生まれたオリスのカルチャーウォッチシリーズで、トラディショナルで開拓精神に満ちあふれています。こちらには、クラシカルなテイストの中に、スポーティモダンな印象が香るモデルがラインナップされています。シンプルなデザインのモデルは、時代のトレンドに流されることなく、長い期間に亘って愛用することができます。絶妙な曲線を描くケースの円と、立体的に仕上げられたバーインデックスの直線のコントラストが美しいモデルには、オリスの高い美意識・芸術性が見事なまでに反映されています。当シリーズには、スポーツウォッチの「アーティックスGT」が2012年に加わり、さらに充実した商品ラインナップとなりました。
そして、「ビッグクラウン(BIG CROWN)」は、ビンテージな魅力がふんだんに盛り込まれたシリーズで、今なお進化し続けるオリスの定番パイロットウォッチがラインナップされています。1938年に誕生してからというもの、オリスの代表的なアヴィエーションウォッチシリーズとして、ラインナップされているモデル数は最多を誇ります。このシリーズのモデルには、大きなクラウン(リューズ)とコインエッジベゼルに特徴があります。この大型クラウンは、革の手袋をはめた状態でも時計の操作がしやいようにと採用されたもので、ビッグクラウンというシリーズ名の由来となっています。ポインターデイト・クロノグラフ・ムーンフェイズと、豊富な商品ラインナップも魅力的です。
また、「レクタンギュラー」は、楯に長い角形のケースが特徴的なシリーズで、洗練されたエレガントな印象を与えてくれるモデルがラインナップされています。古きを温め、新しきを知るモデルは、普段使いからビジネスユースまで、幅広いシーンで活躍します。


ORIS(オリス)
オリスの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る