menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

コストの高い高級時計をより長く使うための方法

コストの高い高級時計をより長く使うための方法

コストの高い高級時計を長く使うために



高級な時計というのは、時間を確認するためのものであると同時に、自身のステータスを表すようなアクセサリーとしての意味を持っているものでもあります。中には非常に高額な時計というのも存在しており、こういったものはコストの面からしても、一生モノとして使用したい方が多いのではないでしょうか。しかし、時計というのも精密な機械であるという関係上、長年使用していると次第に問題が発生してくるということはよくあります。例えば時間がずれてしまったり、秒針が緩んでしまったりするような症状はよく見られます。それでは、このような状態になってしまったのであれば、もはや買い直すしかないのでしょうか。

こういった場合について使用することができる方法の一つとして、オーバーホールというものがあります。オーバーホールというのは分解掃除のことを意味しているものであり、全体を完全に解体して内部の掃除を行って組み直すということを言います。このオーバーホールは、どのような場所であってもできるわけではありません。オーバーホールは完全に分解を行って手入れを行う方法であるため、当然完全に復元できるだけの能力を持っている必要があります。この技術力がなければ、元に戻す事ができずただ破損してしまうだけになるためです。しっかりとした技術を持っている場所に依頼する必要があるため、その部分についてのコストがどうなっているのか、ということについてもチェックをしておく必要があるでしょう。

しかし、やはり長い間付き合っていくアイテムであると考えると、定期的にオーバーホールのような形できれいにすることは必要なことだと言えるでしょう。



高級時計にコストに見合った長持ちを



元々のコストが高いということだけでなく、やはり愛着があるものとして使用されていることが多いのが高級時計ではないでしょうか。この高級時計についてオーバーホールを行うという場合、やはりその内容がどのようなものであるのかは事前に知っておかなければ安心できません。価格だけではなくその内容についてもしっかりと公開されているような場所を使用するのが安心するためのポイントとなります。それでは、実際のオーバーホールの手順というのはどのようなものとなるのでしょうか。

まずは分解ですが、この時重要なのは一つの部品も取りこぼすことなく分解を行うことです。精密機械である以上、一つの部品が不足しているだけでも動作不良を起こしてしまう可能性は十分にあります。そういったことがないように細やかで丁寧に作業が行われていなければなりません。

そして、こうして取り外したそれぞれの部品を、様々な方法で洗浄していくことになります。例えば細かいパーツについては細かいパーツ用の洗浄機が用意されている他、文字盤やケース、ブレスなどについてもそれぞれ違った方法での洗浄が行われるようになっており、より効果的にきれいにする方法が求められます。

その上で組み立てと注油が行われ、きれいになって再び蘇ることになります。最後に時間の調節を秒単位で行い、日差にしてどの程度の範囲に収まるのか、ということをチェックすることでオーバーホールは終了します。多くの工程をじっくりと行うことになるものではありますが、その分だけ長く使い続けるための方法でもあります。



高級時計をコスト通りきれいにするためには



コストが高いような高級時計も、その種類は多岐にわたっています。そのため、その種類に応じて適切な手入れの方法やオーバーホール、あるいは修理の方法と言うものが存在しています。それぞれの種類に応じたような高い技術や知識を持っている場所でなければ、安心して預ける事ができないでしょう。それでは、修理を行う場合については、どのような部分についてチェックする必要があるのでしょうか。

まず確認しておきたい部分として、ムーブメントがあります。これは、どのようにして時を刻んでいるのか、という動作に関わる部分であり、心臓とも言える部分です。これについてはオートマッチ、手巻き、クォーツというような種類があり、それぞれ修理のために必要となる技術が違っています。多くの種類に対応できる業者であるかどうかを確認する必要があるでしょう。

さらに、その他の機能としてどのようなものが搭載されているのかについても確認しておくべき事項の一つです。例えばクロノグラフやパワーリザーブ、レトログラードなどが挙げられます。これらについても事前にわかっていることを伝えておくと、より適切な修理が行えるかどうかが分かるでしょう。

さらに、ケースとして使用されている材質がどのようなものであるかもチェックするべき項目の一つです。ステンレスである場合と、コンビネーションである場合とでは、やはり必要とされる手入れの方法に違いがあります。また、プラチナやチタンなどの金属類である場合についても効果的な方法が違います。このように、細かい部分までチェックできるかどうかが重要です。

>>高級腕時計はCIENでオーバーホール

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る