menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

シャネルウオッチの魅力と時計のオーバーホール

シャネルウオッチの魅力と時計のオーバーホール



ファッションの魅力と影響力


フランスのファッション界を席巻してきたシャネルは、1人の女性実業家の手により起こされたものです。彼女の名前はココ・シャネルの愛称で親しまれ、単なるファッションブランドに収まらず、創業当時の服飾を始め化粧品や香水に宝飾品といった分野にも幅広く進出し、ウオッチやアクセサリーの分野にも多大な貢献を果たしている所にあります。展開分野は幅広いものですが、それは全体をファッションに見立てているもので、彼女自身の美の追究を意識していたものだという事が認識できるでしょう。しかし、彼女は恵まれた生活を送って来たのではありませんでした。12歳にして母を無くし、行商人であった父親に捨てられ、幼少時代は孤児院で過ごしていました。彼女は18歳になるとお針子として孤児院を出ますが、当初は都会に憧れを抱いており、歌手への道を目指します。
しかし、オーディションでは受かる事はなく、歌手への道は断念したまたま作った帽子のデザインがきっかけとなり、小さなアトリエを開く事になったのです。ここから彼女の人生は花開く事になり、有名な香水「シャネルの5番」や、女性スーツの原型ともなった「シャネルスーツ」も、彼女の作品だったのです。しかし、その後の彼女の言動や生き方により、スイス亡命など孤独な半生を送る事になりますが、ウーマン・リブ運動などにより、彼女の生き方が共感を呼び、アメリカ国民に受け入れられる事から、再び彼女は脚光を浴びる事になったのでした。彼女は従来までのコルセット同様に、抑圧されてきた女性を自由な意思に導く事で、ウーマン・リブ的な「古い価値観にとらわれない女性像」を自社の理念として掲げていき、彼女のぶれない生き方は、多くの女性の共感を得たと言えるでしょう。

シャネルウオッチの力


ココ・シャネルは、服飾の業界においてファッション業界をリードする一方で、ファッションをトータルコーディネイトとしてとらえていました。その感性は服飾のみならず、ウォッチを始めとするアパレルやジュエリーにアクセサリー、バッグやレザー製品といったものにまで力を注ぎ、老舗のフレグランス業界やサングラスにコスメティックに至るまで、全てがハイファッションブランドという事は、世界の誰しもが認めるところでしょう。モデル体型がやせ型とされているのも彼女の影響が大きく、彼女は極端なやせ型体系でした。彼女がグループ会社として、ウオッチ業界へと本格的に展開を始めたのは、正式に製造販売の開始の行われた1987年からだとされています。
それまでのウオッチ業界は、機能性や高級感が全てでした。もちろんデザインが優れたものもありましたが、それは彼女の望むものではなく、時計にファッションを合わせるものではなく、ファッションにデザインを合わせるという考えが、彼女の根底にあったのでしょう。彼女のデザインする時計は、どれもがファッションセンスとスタイリッシュにあふれた作品ばかりでした。時計の世界もジュエリーと同じ様に、ある種のステータスを得たとも言えるのでしょう。シャネルの時計はスタイリッシュなデザインとファッション性だけではなく、機能美あふれる個性に使用感といったものも加味されており、熱狂なコレクターの間からも長年愛され続けています。これは女性腕時計だけに関わらず、「J12」の男性腕時計もその人気はいまだ、衰え知らずといっても良いでしょう。

オーバーホールの必要性


時計を長年愛する愛好者にとっては、オーバーホールは欠かす事のできないメンテナンスと言えるでしょう。特にオールドファッションやアンティークウオッチは、この分野の専門家でも、その扱いが大変難しいとされています。しかし、オーバーホールは欠かす事のできない保守メンテナンスであり、長年使い続けるには決して避けて通れないものとも言えるでしょう。その長所は部品単位まで分解を行う為、部品単位の点検や交換が簡単に行えるというところでしょう。古い時計では部品の入手が困難であり、交換される部品によっては、新たに改良を加えた物を使用する事で、製品製造時よりもその信頼性が上がる事もありえます。また、部品の金属疲労などを予測して、早めの交換によってその寿命を延ばす事も可能になります。
デメリットに関しては、時計の機械部分を細かく分解しなければならない為に、多くの手間と時間がかかるという事が挙げられます。予定の結婚式に間に合わせろなどと、その数日前に考えたとしてもむちゃなどはいけません。また高級な時計になればなるほど、構造上難しい設計がなされている事も多く、再組み立ての際には専門の技術と知識を伴う為に、どこにでもメンテナンスを頼めるものではないという事も、その難しさの最大の理由として挙げられるでしょう。こうした卓越した技が要求されるものです。その分維持するためのコストがそれなりにかかってくるものとなりますが、放置していた為にさらに状態が悪化するという事を避けるためにも、メンテナンスは定期的に行うようにしましょう。


CHANEL(シャネル)
シャネルの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る