menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

ジンなどのブランドの時計をオーバーホールする

ジンなどのブランドの時計をオーバーホールする



時計を定期的にチェックする


日常生活で使用している時計が壊れてしまった時、ジンなどのブランドだと修理店へ依頼をするケースも少なくありません。秒針などが動かなくなったり、時間が狂ってしまったりガラスが曇るケースが代表例です。精密部品の固まりとなっていますので、万が一部品が一つでも壊れてしまっただけで、故障してしまう可能性を秘めています。急に壊れたり、長い間利用して部品が摩耗して壊れるケースもあります。
そのような状況をあらかじめ感じ取ることがあれば、修理もしくはオーバーホールの検討が必要です。急に回復するケースはありませんので、オーバーホールなどを早い段階で考えていかなければなりません。さらにジンなどのブランドでは専門の修理窓口も用意されているほど、自力での修理が困難です。近くにある修理店でも厳しい状況が出てきますので、専門の窓口も活用しながら症状を説明して、対応してもらうのが一般的となっています。
信頼することができる修理店へ持ち込めば、大切に修理をしてもらうことができます。その信頼ができる修理店というのは、各地域で見つけることから始まります。そこから修理をした後で保証期間を一定期間設けているお店であったり、宅配修理などを行っているといいでしょう。忙しい時には宅配修理が非常に適しており、スケジュールも把握しておけばスムーズに修理を進めることができます。これらの修理に関するサービスを色々と取りそろえている修理店ならば、依頼する際には参考になるでしょう。
しかし信頼できるお店を見つけられない場合、オーバーホールなどを購入したメーカーが提供している、サービス窓口などへ連絡して依頼をすることになります。その場合は時計をメーカーへ持っていかなければならないため、修理の完了まで時間がかかってしまいます。内容を把握しながら選択するようにしましょう。

ジンなどのブランドなどで故障対応が可能


もしもジンなどの時計について、修理店保証期間を常に設けている修理店があれば依頼をしましょう。これは一定期間、各メーカーで時計に関して保証期間を設けていますが、修理店でも修理後の保証について期間を設定していることがあります。これが選択する際のポイントとなってきます。
近くに宅配による修理サービスを展開している修理店があった場合、忙しい時には最適となっています。住んでいる地域に対応していれば、すぐに宅配によって持って行ってくれます。修理を行った後も宅配によって持参してくれるので、オーバーホールなどを希望している時でも助かります。ジンでも様々な時計を提供していますが、定期的にメンテナンスを行っていくことも必要です。それは部品が長期間利用していることで摩耗してしまったり、劣化や酸化が起こってしまいます。また5年近く利用すると電池切れになってしまうこともあります。
時計の寿命に関しても影響を与えていきますが、オーバーホールによって精度やパーツに関する摩耗を防いでいきます。常にコンディションがいい状態で利用することができますが、そのためにも早めの依頼をすることが重要です。まるで新品のような仕上がりにすることもできるため、事前に情報を仕入れておくことも必要です。
各修理店やメーカーのホームページでは、修理可能なブランドの紹介や実際にオーバーホールの過程などを紹介していることもあります。価格帯や修理に係る期間なども紹介しているので、本当に適した修理店かどうかを判断しながら、依頼をしていくといいでしょう。また宅配修理なども行っていれば、スケジュールについても連絡をしながら決めていくことが大切です。

オーバーホールの過程を知る


色々な工程を踏みながら、時計の修理やオーバーホールが行われていきます。過程を見ていくと、最初は分解を行っていきます。これは時計を完全に分解していきますが、ゼンマイなどの細かい部品を完全に分解します。技術力がなければ復元することができませんが、修理店ではスキルをしっかりと身に着けているので安心です。丁寧に分解したところで、ケースより機械などを取り出して洗浄していきます。これにより汚れを落としていきますが、専用の薬品も利用しているのでサビなどを綺麗に取り除いていきます。
そして組み立てていきますが、これは経験を積んでいる職人によって対応します。オーバーホールなどで繊細な作業を行わなければ、全く機能しなくなってしまいます。注油における工程では厳密に計っているオイルの量がポイントとなっています。ジンなどのブランドでも量は異なっているので、注油量の把握は技術者が持っているスキルといってもいいでしょう。ある程度組み立てたところで、時刻のずれがないようにタイミングを調整していきます。差が全くない状態に近づけるように調整していきますが、機械式だと精度に関する追求というのはデリケートです。引き渡した後で誤差が大きくなっている時には、連絡をすることによって対応してくれるので安心です。
調整を終えると仕上げを行いますが、磨きに特化している技術者が行うことが多いため綺麗な状態で仕上がります。磨くことによって、新品に近い状態で修理が終わることになります。様々な工程によって時計が修理もしくはオーバーホールされていきますが、時間もかかるので注意しましょう。


SINN(ジン)
ジンの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る