menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

ジンなどの高級時計にはオーバーホールが必要

ジンなどの高級時計にはオーバーホールが必要



ジンなどの高級時計に必要になるオーバーホール


腕時計は日本においても数多くの方に愛されています。例えば、親の形見として譲り受けた方や、大切な方からプレゼントされることもあるでしょう。学生が受験する際などにも役立ちます。また、ビジネスマンでも使用している方は多いでしょう。
ジンはドイツで製造されている有名な高級腕時計メーカーの一つになります。年代を問わず多くの方が使用できるジンですが、今まで一度もメンテナンスを行ったことがない方もいるのではないでしょうか。高級時計は様々な部品が絡み合い、部品それぞれが作用して針を動かしています。そのため、定期的にメンテナンスをしなければ故障の原因になることもあります。
時計はクオーツ式と機械式という二つの種類に分類することができます。クオーツ式は電池が駆動となって秒針などを動かす時計になります。比較的お手頃に購入できる製品はクオーツ式が採用されているケースが多くなっています。基本的に針が遅くなったり動かなくなった時は電池を交換することになります。クオーツ式は数多くの修理業者や時計販売店でも電池交換を受け付けてくれるので、修理をする際には街中の時計店などを利用することになります。
一方で機械式においては電池が使用されていません。どうやって針が動いているのだろうと不思議に思われる方もいますが、ゼンマイが駆動となり、秒針を動かす仕組みになっています。ジンにおいても機械式が採用され、電池が使用されていないものが多くなっています。もし秒針の動きが遅くなったりした時は一般の時計店に持ち込んでも対応してもらえないことが多くなっています。そのため、専門の修理業者に依頼することになります。もし、定期的にメンテナンスをしていなければ故障の原因になります。例えば部品それぞれには潤滑油が塗られており、この潤滑油のおかげでそれぞれの部品はスムーズに動くことができます。しかし、長年使用すると潤滑油は乾き、部品の滑りが悪くなります。そのため、定期的に潤滑油を塗り替えてスムーズに部品が動ける状態を維持しなければなりません。
また、ジンにはゴムパッキンが内蔵されています。基本的に水の浸入防止に使用される部品になります。腕時計を普段からしている方は理解できると思いますが、日常生活において時計が水にさらされる危険性は比較的高いと言えます。例えば、誤ってお風呂の蒸気にさらしてしまうこともあるでしょう。また、雨が降れば傘を差していても風の影響で洋服などが濡れてしまうことも珍しくないでしょう。もしジンを腕に着用していれば、水にさらされる可能性があります。ゴムパッキンが新しい状態であれば水の侵入を防いでくれるので、部品にまで水が及ぶことは少なくなります。しかし、長年使用しているとゴムパッキンが乾燥をして防水性が低下することになります。もし乾燥しているゴムパッキンをそのままの状態にしておけば、水に濡れてしまった時に部品に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、乾燥しているのであればゴムパッキンを交換しなければなりません。

オーバーホールの重要性


このように劣化が進行すれば本体全体に影響を与え、最悪のケースでは故障してしまう恐れがあります。基本的にジンなどの高級時計は比較的値段が高額になるため、なるべく長く使いたいと思われる方が多いのではないでしょうか。長く愛用したいのであれば、定期的にオーバーホールをして故障しにくい状態を維持するのが一般的になります。オーバーホールを利用すれば潤滑油の塗布などはもちろんのこと、各パーツを分解して洗浄などをしてもらうことができます。
また、当然必要であればパーツの交換なども行ってくれるので、状態の改善を期待することができます。オーバーホールの必要頻度に関しては三年に一度行うのが一般的になります。実際に業者においても三年に一度はオーバーホールをするように推奨しています。もし今までオーバーホールをしたことがない方は、この機会に業者に依頼をしてジンの部品の改善を図ってみてはいかがでしょうか。

どのような業者にオーバーホールをしてもらえばいいのか


現在ではジンなどの高級時計をオーバーホールしてくれる業者は複数存在しており、これから依頼をしたいと考えている方の中にはどのような業者を選択すれば良いのかわからない方もいるでしょう。選び方にはポイントがありますので、それを参考にして選択されてみてはいかがでしょうか。
まず挙げられるのが、保証をしてくれるかどうかです。業者の中にはオーバーホールをしてから一年間保証をしてくれるところもあります。初めて依頼をする方でも保証があれば安心できるのではないでしょうか。
その他のポイントとしては納期です。日頃から使用している時計であれば、なるべく早めに修理を終えて自分の元に返してほしいと思うでしょう。業者によっては短い納期で依頼を受け付けてくれるので、そのような業者を選択すれば長く待つことなくオーバーホールをしてもらうことができます。

SINN(ジン)
ジンの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る