menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

タグホイヤーをオーバーホールしよう

タグホイヤーをオーバーホールしよう


タグホイヤーを日頃の生活で活用しよう



タグホイヤーはスイスの高級腕時計メーカーです。比較的人気の高いブランドメーカーとして知られています。タグホイヤーの購入を検討している人は少なくないでしょう。例えば腕時計のコレクターは日本では珍しいことではありません。新品のものを集めている人もいますが、過去に発売されたモデルで、人気が高く、中古商品として購入している人もいます。人気の高いブランドメーカーで過去のモデルの中には新しいモデルよりも高い値を付けるケースもあります。コレクターの中には腕時計を飾る専用のインテリアを購入して、自分が購入した腕時計を部屋の中で飾っている人もいます。

また、腕時計を社会的ステータスとして身に付けている人もいます。一般的な時計に関しては安値で購入できるケースもあります。しかし、タグホイヤーは高級ブランドです。そのため、社会的ステータスを示す目的で腕に付けている人もいます。タグホイヤーを着用できるシーンは多岐にわたります。プライベートの時間は言うまでもなく、お仕事の時も腕にはめることができます。ビジネスシーンで利用する時は基本的にダークカラーであまり目立たないものを選択することが求められます。タグホイヤーのモデルの中にはビジネスシーンに活用できるタイプの商品もあるので、そういったタイプを選ぶと活用の幅も広がるでしょう。

飾りとして使う人もいますが、実用性があるため、会社や学校で使っている人が多くなっています。腕時計なので、時間を確認することが当然できます。会社のオフィスには時計が設けられている企業が多いものですが、企業の中にはオフィス内で長く作業するのではなく、会社の外に出てお客様と打ち合わせをしたり、商談をしたりする機会が多いところもあるでしょう。そのような場所では時計が壁に掛けられていない時もあり、もし腕時計を持っていなければ時間を確認することができません。今ではスマホがあるため、スマホで確認すれば十分だろうと思う人もいますが、腕時計ならスマホよりスマートに時間の確認ができます。すぐに確認ができる腕時計の方が便利であると感じる人も少なくないでしょう。ご存知の方も多いですが、タグホイヤーはゼンマイ式の腕時計になります。ゼンマイ式の時計は通常、定期的にメンテナンスを行わなければなりません。ゼンマイ式の腕時計のメンテナンスのことをオーバーホールと言います。



オーバーホールをして長く使えるように努めよう



タグホイヤーを所有しているが今まで一度もオーバーホールをしたことがないという方も少なくないでしょう。日本にはゼンマイ式の時計の他にもクォーツ式があります。簡単に言えば中に電池が搭載されており、それが動力となり針を動かすタイプです。当然、クォーツ式においても電池の使用には限りがあるので定期的に電池を交換しなければなりません。百貨店などでも電池の交換を受け付けているところが多く存在しており、クォーツ式であればメンテナンスに困る可能性は低くなります。

一方、タグホイヤーなどゼンマイによって針が動く時計に関してはオーバーホールをして定期的にメンテナンスをすることが大切になります。基本的にメーカーにオーバーホールの依頼をするか、販売店や専門業者に依頼するのが一般的です。安全性や信頼性を考慮してメーカーでのオーバーホールを検討する人もいますが、値段が高いケースが多く、予算の関係からオーバーホールを専門業者に依頼する人が多くなっています。例えば専門業者に依頼をすればメーカー価格の半分くらいの値段で対応してくれるところもあるので、安く部品を洗浄してもらうことができます。

オーバーホールでは部品の洗浄の他にも潤滑油の注油や、パーツ交換も行います。潤滑油はそれぞれのパーツがスムーズに動くようにサポートする役目を担っています。年月が経過すると乾燥するので定期的に注油が必要です。また、破損などが発見されれば、パーツを交換することになります。推奨年数は2年に1度、もしくは3年に1度とされています。



タグホイヤーのオーバーホールを専門業者に依頼しよう



長持ちさせるためにオーバーホールを検討している人も多くいますが、中には専門業者を選択したいという方もいるでしょう。専門業者はたくさん存在しているため、愛用しているタグホイヤーを大切に扱ってくれるところを探したいところです。もし安心して利用したいと考えている場合は納期が短期で、保証を付けてくれるところを選択しましょう。納期が短いところを選択すれば手放している期間が短いので早く自分の元に戻すことができる可能性が高くなります。また、保証が付いていることで自分の手元に戻った後も安心して愛用することができるでしょう。

手間少なく利用したいという方は梱包キットを無料で提供してくれるところを選択しましょう。梱包キットを無料で準備してくれるところを選択すれば、安全に配送するための手間をかけなくても済むので利点であると感じる人もいるのではないでしょうか。

TAG HEUER(タグホイヤー)
タグホイヤーの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る