menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

タグホイヤーを使い続けるためのオーバーホール

タグホイヤーを使い続けるためのオーバーホール



条件に見合う業者を探す


普段から好みの時計を身につけているという方は、その時計の種類によっては、メンテナンスを行う必要があります。タグホイヤーなどの機械式時計は、昨今の主流であるクオーツ式時計よりも複雑な機構をしており、細かい歯車やぜんまいなどが磨耗したり、潤滑油が不足することで、本来の性能を発揮できなくなってしまうことが多いので、使い始めてからしばらく経ったらオーバーホールを行わないと、最終的には動かなくなってしまいます。完全に分解する必要があり、作業には専門的な知識が求められるので、専門の修理業者に依頼するようにしましょう。
時計のオーバーホールでは一度全てのパーツを分解し、様々なパーツを元の品質に近づけることで、本来の性能を取り戻します。そのため非常に繊細な作業が求められるので、作業は多くの専門知識や技術を積んだスタッフが行います。有名な時計ブランドなら、各種メンテナンスにも応じてくれますが、総じて料金が高めに設定されているので、大体3年から5年に1度に行うべきとされているオーバーホールだけでも、かなりの金額をかけなければなりません。少しでも出費を抑えたいときは、時計修理を専門に行う業者に依頼することで、より安くメンテナンスを行うことが出来ます。
時計の修理を行う業者は多くありますが、料金や納期を比較して、より利用しやすいものを選びましょう。オーバーホールは全てのパーツを分解する必要があり、細かいパーツの調整の繰り返しとなるので、非常に時間がかかります。作業が出来るスタッフも限られており、料金にしても公式のショップのメンテナンスほどではありませんが、それなりの金額を支払うことになるので、出来る限り出費を抑えたかったり、なるべく早く修理を済ませたいときは、出来る限り多くの業者を比較してください。

維持にかかる費用を確認


社会的な地位が高まることで、普段から身につけている衣類などにも気を配る必要が出てくるといいますが、その際多くの方が購入するのが時計で、有名ブランドの時計を身につけるようにする方が増えてくるといいます。時計の有名ブランドにも色々あるなかで、タグホイヤーをはじめとする機械式の時計は中でも人気が高く、多くの方が身につけていますが、こうした時計は定期的にメンテナンスが必要となるので、奮発して高い時計を購入したという方は、今後の維持費についても前もってチェックしておくようにしましょう。
ぜんまいや歯車といった精密機械を使って動かす時計は、長い間使い続けるごとにパーツが劣化していき、正確な時間を知ることが出来なくなったり、ひどい場合は完全に止まってしまうことがあります。そうなると自分でできるケアではどうすることも出来ないので、そうなる前にオーバーホールにかけて、全部のパーツの状態を確認し、今までどおり動かせるようにメンテナンスを行わなければなりません。具体的にはパーツを全て分解して、歯車などのパーツ一つ一つに潤滑油をつけたり、欠けた部分を修復したり交換したりして、元通りの状態に近づけていきます。
オーバーホールを行う際に気になるのが予算についてですが、こちらは利用する業者や時計の状態によって変わってきます。有名ブランドなら、各種メンテナンスに応じてくれるところも多いですが、少々料金が高く設定されていることが多いので、経済的な負担を減らしたいのであれば、時計専門の修理業者に依頼することで、比較的安値でメンテナンスに応じてくれます。ただし中のパーツに異常があり、パーツを海外から取り寄せなければならないときなどは、その分の追加料金を支払う必要もでてきますので、そうした事態が起きたときは、どの程度の料金を支払うことになるのか、前もって料金や見積もりなどの情報を調べておきましょう。

納期の確認も忘れずに


タグホイヤーをはじめとする有名な時計ブランドで販売されている商品は、いずれも高額で取引されていますが、時計が趣味という方の中には、複数のブランド品を身につけているという方も見られます。実際に身につけてみると、洗練されたデザインなど、魅力的な要素はたくさんありますが、長年使い続けていると、徐々にその性能は低下していきます。いくら大事に使っていても、細かいパーツの動作で動く商品は、どうしてもパーツの磨耗などで劣化が進行していくので、いつまでも大事に時計を使うためにも、様々な種類の業者を活用しましょう。
普段使っている時計を修理に出す際は、どういった内容でメンテナンスを行うかが非常に重要です。特に長年メンテナンスをしてこなかった場合や、様々なメンテナンスを行う際、一度パーツを分解して異常な点を改善するオーバーホールなどは、非常に高い技術が求められる作業で、作業を行えるスタッフが不足しているというケースもありえるので、数多くある業者をチェックしてその中でもよりお得に利用することができそうな業者がないかチェックしてみましょう。
タグホイヤーのオーバーホールを依頼する際は、納期についても忘れずに比較するようにしましょう。一つ一つのパーツに分解して、修繕や交換を行う細かい作業が続く分もあり、納期はどうしても長く設定されてしまうことが多いのですが、短くてもおよそ3週間、遅くなると1ヶ月以上はかかることも珍しくありません。その間時計がない状態で過ごすのは不便なので、納期を短く済ませたいときは、各業者のサイトをチェックしてみて、納期がどのくらいかかりそうか、大まかな日数でも良いので、前もって確認しておいたほうが良いでしょう。

TAG HEUER(タグホイヤー)
タグホイヤーの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る