menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

チュードルなどの時計の選び方やメンテナンスについて

チュードルなどの時計の選び方やメンテナンスについて


チュードルなどの時計の選び方について



チュードルはブランド名になりますが、数多くのブランド時計が数多く日本では流通しており、購入を検討されている方もいるのではないでしょうか。チュードルなどの高級ブランドは比較的値段が高く、なかなか手を出すことができない方も少なくありません。しかし、輝きなどの見た目から魅了される方も少なくありません。また、高級ブランドを身に付けることは社会的ステータスの一部になります。そのため、会社員や自営業の方など数多くの方が身に付けています。お仕事などでも利用できる点も一つの魅力になるでしょう。お仕事をしている時はクライアントなどの訪問や上司がいるため、あまり派手なものを身に付けると指摘を受ける可能性があります。

一方でチュードルなどのブランド品においては控えめな商品も数多く、また、時計自体は実用的なため、会社で身に付けていても不自然ではなく相手に不快感を与える心配は少ないでしょう。購入を検討する方の中には、好きなブランド名が決まっていない方も少なくありません。そのような方は、どのように選択をすればいいのでしょうか。例えばブランド毎に販売されている商品を確認することです。現在ではブラウザで検索をすれば、チュードルやその他のブランドの商品が数多くヒットします。文字だけでなく画像なども公開されているため、気にいるブランドを見つけることができる可能性があるでしょう。

その他にも駆動という点を考慮して選択されてみてはいかがでしょうか。駆動においては二種類あり、ゼンマイ式とクォーツ式です。ゼンマイ式はその名通りゼンマイが動く原動力となり、針を動かします。一方でクォーツ式は電池が原動力になります。基本的に高級ブランドにおいてはゼンマイ式が多いため、思いっきり予算を使って購入を検討している方はゼンマイ式を選択することになるでしょう。チュードルに関してもゼンマイ式になります。選択する際には防水性なども確認します。クォーツ式においては完全防水のものも低価格で販売されています。一方でチュードルなどのゼンマイ式時計においては防水機能性を高めるためにゴムパッキンなどが内蔵されており、それによって水の侵入を防いでくれます。ゼンマイ式においては完全防水機能が搭載されている商品は少なく、防水性を維持するために定期的にメンテナンスをして内部への水の侵入を防ぎます。

バンドも選択基準の一つとなるでしょう。基本的に時計にはバンドが付いており、そのバンドを利用することで腕に着用することができます。バンドにはステンレスタイプやラバーベルト、ナイロンベルト、プラスティックなど様々な種類のバンドがあります。ステンレスはベルト自体に亀裂が入るケースが少ないため、比較的長持ちしやすいでしょう。革ベルトは牛やトカゲ、バッファローなど様々な種類の柄が準備されています。ラバーベルトは耐久性や弾力性に優れており、ステンレスと同様に長持ちしやすいタイプです。このようにベルトの種類によってもそれぞれの利点や欠点があります。このような様々な選択基準を確認して自分のお好みのものを選択しましょう。



ゼンマイ式にはメンテナンスが必要か



チュードルなどのゼンマイ式タイプの時計においては定期的なメンテナンスが必要です。何故なら潤滑油の乾燥やゴムパッキンの劣化が懸念されるからです。定期的に行うのが一般的で年数においては二年に一度、もしくは三年に一度行うのが一般的です。ゼンマイ式時計のメンテナンスに関してはオーバーホールと言われることが多くなっています。オーバーホールをすることで長持ちさせられるだけでなく、針の動きの改善や防水性の向上などを期待することができるでしょう。主なオーバーホールの手順は分解、洗浄、テストなど様々な段階があります。

また、オーバーホールを依頼することができる業者は複数存在します。それはメーカー修理を利用するか、専門業者に依頼をするかの二択です。販売メーカーは他の業者に比べて安心感や信頼感が高いですが、一方で値段が比較的高くなります。このような理由から現在ではチュードルなどを持っている方の多くは、専門業者を依頼する方が多くなっています。では専門業者に依頼することでどのような魅力が得られるのでしょうか。



専門業者に依頼しよう



専門業者に依頼をすれば、低予算でオーバーホールを行ってもらうことができます。先程も述べたようにチュードルなどの高級ブランド時計を長持ちさせるためには定期的にオーバーホールが必要なため、費用が高いと負担に感じる持ち主は少なくないでしょう。専門業者ではメーカー価格のおよそ半分以下の値段で対応してもらうができ、費用面に関しての負担は少なくなります。保証などがないと不安だと思われる方もいますが、一定期間の保証ももちろん行ってもらうことができます。

基本的に郵送などで受け付けてくれるため、持ち運びの手間なども少なくなっています。更に、短い納期で対応できる専門業者も多いため、修理が終わればすぐにお仕事などで着用することができるでしょう。


TUDOR(チュードル)チュドールの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る