menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

チュードルの時計を定期的にオーバーホールする

チュードルの時計を定期的にオーバーホールする



分解と洗浄


チュードルのような高級時計は、やはり長く持っていたいと考えている人が多いでしょう。長持ちさせたいのであれば、やはり定期的に業者でメンテナンスを行う必要があります。メンテナンスの方法としては、まず時計を分解して、部品の1つ1つをきちんと洗浄していきます。それから油をさしていくという作業をするのですが、このような作業は素人にはできません。だからこそ業者に依頼して行う必要があるのですが、このような分解洗浄などのメンテナンスを、オーバーホールと呼んでいます。
チュードルのような高級品だからこそ、オーバーホールを行うことによって長持ちさせることは重要であるといえるでしょう。そのためには表面だけをきれいにしているだけではいけません。例えば車に乗っている人はわかるでしょうが、外だけをきれいにしていても、やはり定期的に点検をしないと壊れやすくなってしまいます。
オイル交換や冷却水の補充、部品のメンテナンスが必要になってくるように、時計であっても中まできちんと点検と整備をしないといけないのです。そのためには分解しなければいけませんので、最初に分解を行います。分解した後は部品を全て取り外し、洗浄を行うのですが、専用の洗浄機を使用して行うので、当然素人にはできません。しかも数回に分けて洗浄を行うことで、きれいに汚れが落ちるのです。
通常であれば汚れが落ちて終了なのですが、これで終わりではありません。さらに動きを滑らかにするように、油をさしていくのです。自転車のチェーンも、油をささないと動きが悪くなることがあるのと同じです。それから組み立てを行っていくのですが、この時点で全て組み立ててしまうのではなく、部品をある程度組み立てることになります。ここから洗浄以外の作業に移ります。

調整と仕上げ


時計のオーバーホールというのは、分解をして洗浄を行ってから油をさすのですが、それからさらに作業をしなければいけません。それはタイミング調整と新品仕上げです。タイミング調整というのは、簡単に言えば精度を調整することです。場合によっては日差のズレが生じてしまうケースがあるのですが、購入してそれほど時間が経過していない場合や、メンテナンスを行った後であれば、それほどズレていることはないでしょう。しかし、メンテナンスをしていないと、かなりズレてしまうことがあるのです。
このズレを修正する作業がタイミング調整なのですが、かなり細かく調整するので、業者の技術力が問われます。できるだけ技術力の高い業者を選ばないと、修正することができない場合があるので注意しましょう。特にチュードルのような高級時計の場合には、しっかりとタイミング調整をしてくれる業者でなければいけません。タイミング調整が終わったら、今度は新品仕上げという作業を行います。新品仕上げというのは、表面をきれいに仕上げる作業で、細かいキズを取ることもできますし、付着した汚れも除去できます。
新品仕上げをする前には、しっかりと元の状態に戻してから行うので、この状態ではすでに組み立てが完成していることになります。この新品仕上げも技術力がはっきりと出る作業だと言えるでしょう。あまり技術力が高くない業者に依頼してしまうと、時計の形が若干変わってしまう可能性もあるので、チュードルのような高級品の場合には、よく情報収集をして業者を選ばないといけません。まるで新品のようになることから、新品仕上げと言われているのです。

検査を行って完成


オーバーホールは流れ作業になっていますが、まずは分解をしてから洗浄を行います。さらに油をさしてタイミング調整と新品仕上げを行うのですが、最初から最後まで1人で行う場合もあれば、分断作業になっていることもあるのです。しかし、新品仕上げを行って終了というわけではありません。最後に検査をしなければいけないのです。では、どのような検査を行うのかというと、最近の時計は防水加工をしていることが多くなっているので、きちんと防水できているのかというチェックを行います。
防水チェックは実際に水をかけたりするのではなく、専用の機械を使用するのが一般的です。もし水をかけてしまうと、きちんと組み立てができていなかった場合、不良品にしてしまう恐れがあります。チュードルのような高級品を不良品にしてしまうと、弁償するだけで赤字になってしまうこともあるでしょう。防水チェックを行ったら、今度は巻き上げや持続時間の検査を行います。これをランニングテストと呼ぶのですが、これを4日から5日行うのが普通です。
そのため、オーバーホールに出してから、最低でも1週間前後はかかると思った方がよいでしょう。もちろん業者によっても期間は変わってくるのですが、早く完成すればよいというわけではないのです。ランニングテストが終わったら、磨き残している場所はないか、動作に問題はないかを再びチェックして、やっと完成となります。これで依頼した人の元に返ってくるのですが、時計のメンテナンスというのはこれだけの作業が必要になるので、かなり大変だと言えるでしょう。


TUDOR(チュードル)
チュードルの修理・オーバーホールのページはこちら


次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る