menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

パネライの時計を定期的にオーバーホールする

パネライの時計を定期的にオーバーホールする



メンテナンスの重要性



時計にはいろいろなメーカーやブランドが存在しているのですが、その多くに高級時計といわれる時計があります。最近ではモチベーションを上げるために身につける方も多いのではないでしょうか。そんなブランド時計の中には、パネライと呼ばれている種類もあります。正式名称はオフィチーネ・パネライと言います。

高級な時計であっても、一般的な時計であっても、アナログ時計の場合にはしっかりとメンテナンスをしなければいけません。アナログ時計は種類によって多少異なっているものの、かなり精密に作られているのが一般的です。そのため、どうしても部品の摩擦などを防ぐことができないので、定期的にオーバーホールを行う必要が出てくるのです。オーバーホールと言われても、何のことだかよくわからないという人もいるでしょうが、簡単に言えば分解修理という意味です。壊れていないのに、何で分解を行うのかと疑問に思う人もいるでしょうが、時計の部品の中には、摩擦によって消耗してしまう物も存在しています。このような部品を使い続けていることで、故障に繋がってしまうと言えるでしょう。

そうならないように、定期的な分解が必要になるのですが、分解掃除というよりも部品の交換や注油などが多くなっているので、メンテナンスと言った方がピンとくるかもしれません。このメンテナンスをしっかりと行う必要が出てくるのですが、オーバーホールはパネライの時計であっても、別の種類の時計であっても必要になります。高級品のブランド時計であっても、このようなメンテナンスをきちんと行わないと、寿命がかなり短くなってしまうでしょう。



納期には時間がかかる



高級ブランド時計として知られているパネライですが、このようなタイプの時計というのは、定期的にメンテナンスや修理を行う通称オーバーホールが必要になってくるのです。もちろん自分で行うことはできませんので、専門の業者にお願いしなければいけなくなってしまうでしょう。重要なのは、オーバーホールにどれぐらいの時間が必要になるのかという点です。

よく日本の時計販売店に持っていくと、短い時間で修理できる場合もあれば、数週間かかってしまうケースもあるのですが、パネライの場合には1ヵ月以上かかることも珍しくはありません。もう少し短くならないかと思う人も多いでしょうが、もっと短い期間で行ってほしいのであれば、時計の修理を専門に行っているところへ依頼するのがよいでしょう。なぜなら時計の修理を専門に行っているということは、別の業務に追われてしまうことがないからです。修理やメンテナンスに集中できるので、このような専門業者であれば多少期間が短くて済みます。それでも3週間前後は必要になることが多いので、このような点を理解した上でオーバーホールを依頼しましょう。

まず依頼する場合には、時計を見せてどれぐらいの時間が必要になるのかをしっかりと聞いておくことが重要です。プロであれば少し見ただけでもどれぐらいの時間が必要なのかわかるでしょう。この上で納期はいつごろになるのか教えてくれるのですが、もちろん何月何日の何時ごろにできるという明確な返答を得るのは難しくなっています。そのため、1日や2日ぐらい余裕をもって納期を伝えてくることも多くなっているのです。



複数の技術者で担当する



パネライの時計のオーバーホールを行う場合、1人の職人が全てを担当してしまうと、どうしても作業に遅れが生じてしまいますし、別のお客の修理などが遅くなってしまうことに繋がります。そのため、通常は複数の職人によって修理やメンテナンスが行われているのです。昔の日本は、このように専門の職人がいるのが一般的であり、専門の技術を極めた職人が多数存在していました。

現在では1人で何でもできるようになるのがよいと言われているのですが、やはり技術職というのは、たくさんの作業を全て覚えるのは難しいと言えるでしょう。だからこそ役割分担を行い、連携をすることで作業の効率化や高い品質を誇ってきたのです。パネライの時計を修理、メンテナンスする場合には、3人ぐらいの職人に分けられていることが多いと言えるでしょう。

1人はもちろんオーバーホールを専門に行う熟練の技術者となっているのですが、パネライは腕時計になっているので、常に腕に身に付けているのが一般的です。そのため、汚れてしまうことや細かいキズが付いてしまうこともあるので、キズを取る仕上げの職人も存在していることが多いのです。この仕上げ作業も、複数人で行うことがあります。

それはキズを取る専門の職人と、きれいに磨き上げて見た目をよくする職人です。このように複数の職人に分かれていれば、多くの修理やメンテナンスの依頼を引き受けることができるでしょう。おすすめの業者は、時計の修理やメンテナンスを専門に行っており、中間マージンがないところです。

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る