menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

ブライトリングをオーバーホールしよう

ブライトリングをオーバーホールしよう



オーバーホールを知ろう


ブライトリングなどの高級時計を所有している方もいるではないでしょうか。大人になり高級時計にあこがれ、いくつのもお店を見て回った経験を持つ方もいるのではないでしょうか。夫婦の結婚記念日などに夫婦お揃いで購入したり、ご家族から譲り受けた方や、働いてお金を貯めて購入したりと、いろんな理由で今手元に高級時計をお持ちの方。このような高級時計は基本的に購入の際に支払う金額が高くなっているため大切に長く使用し続けるのが一般的ではないでしょうか。高級な時計も、年数が経過すれば故障や不具合が生じることは珍しくありません。確かに高級時計は耐久性などに関して他の時計と比較すると高くなっていますが、年数が経過すれば部品が劣化します。腕時計には時計の針を動かして時間を知らせてくれるものになりますが、針の動かし方は大まかに分けて二種類あります。
それはクォーツ時計と機械式時計です。クォーツ時計は電池を使用して電力で動かすことができる時計になります。そのため、不具合などが生じた際には時計屋さんに持ち込んで電池交換などをしてもらえば不具合を改善できることもあります。
一方で機械式時計は時計屋さんなどでは修理を取り扱ってくれないところも多くあります。機械式時計は円盤の中に複数の部品があり、それがお互いに動くことによって正確な時間を針で示すことができます。基本的にゼンマイが動力となり動いている時計になります。複数の精密な部品が円盤の中に入っているため、時計屋さんで扱ってもらうことができます。
しかし、長く機械式時計を使用するためには定期的なオーバーホールが必要になります。基本的にオーバーホールをしてもらうためには専門の修理業者に依頼をするかメーカーに依頼をすることになります。機械式時計を使い続けるとどのような不具合が生じるのでしょうか。例えば部品にはそれぞれ摩擦を抑えるために潤滑油が使用されています。当然ではありますが年数が経過すればするほど潤滑油は乾燥することになるため、部品の間に摩擦が生じて不具合が生じることもあります。また、腕時計には水の侵入を防ぐためのゴムパッキンが使用されています。腕時計は外でも使用する頻度が高いため、雨にさらされることもあるでしょう。ゴムパッキンに関しても時が経過すれば乾燥するため防水性が低下します。防水性が低下すると当然ではありますが水が侵入しやすくなるため、水が時計内部まで侵入し故障の原因になります。定期的にオーバーホールをすることによってゴムパッキンを交換したり、潤滑油を注油することができるので、不具合が生じにくくなります。また、パーツの交換が必要な時には新しいパーツにしてくれるため、オーバーホールを修理業者にしてもらうことによって長持ちしやすい腕時計を実現できます。基本的にはオーバーホールは3年に1度行うのが理想であるとされています。現在使用している機械式時計を一度もオーバーホールしたことがない方はこの機会に修理業者に依頼をしてみてはいかがでしょうか。

ブライトリングの魅力について


ブライトリングは高級腕時計のメーカーになります。現在では日本だけでなく、世界中から多くの人が支持している腕時計のメーカーになります。ではブライトリングにはどのような魅力があるのでしょうか。
例えばデザイン性です。ブライトリングは昔からある有名時計ブランドですが当時から大幅なデザイン変更を行わずに販売され続けています。文字盤に関してはケースいっぱいに広げられているので視認性が高く、時計の針を確認しやすいというデザインの特徴があります。また、回転ベゼルには凹凸が付けられているため、回転させやすいという特徴があります。
ブライトリングの魅力はその他にも機能性です。現行ナビタイマーが付いており、24時間いつでも日付を変更することができます。このように多くの魅力があるため、多くの方が取り入れている有名なブランドになります。

ブライトリングをオーバーホールしてもらうための修理業者の選び方のポイント


先程も述べたようにオーバーホールを引き受けてくれるところはメーカーと修理業者になります。オーバーホールを検討されている方の中には修理業者に依頼をしようと思われている方もいるのではないでしょうか。
修理業者の選び方のポイントとしては保証です。特に初めて修理業者に依頼をする方は高級な腕時計なのでお渡しすることに不安を抱かれる方もいるでしょう。修理業者の中にはそのようなお客様のために一年間の品質保証を提供してくれるところもあるので、このような修理業者に依頼をすると安心して利用することができます。
修理業者の中にはメーカーの修理価格よりも大幅に安い値段で行ってくれるところもあります。オーバーホールは定期的に行うものなので安く行ってほしいと考えている方もいますが、そのような方は安い価格を提供してくれる修理業者に依頼されてみてはいかがでしょうか。

BREITLING(ブライトリング)
ブライトリングの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る