menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

ベルandロスなどの高級時計をオーバーホールしよう

ベルandロスなどの高級時計をオーバーホールしよう



ベル&ロスをオーバーホールしよう


腕時計は多くの日本人に親しまれており、なかには装飾品の風格を備えているものもあります。現在ではスマートフォンが普及しているため、時間はスマートフォンから確認すればいいのではと思われている方もいるかもしれませんが、スマートフォンを取り出すと相手に不快感を与えてしまうケースも珍しくありません。例えば商談やクライアントに挨拶をするために足を運ぶ時です。また、利便性だけでなくファッションとして楽しむこともできます。書店やコンビニエンスストアなどで販売されているファッション雑誌に、洋服を着用したモデルさんがシーンに合った腕時計をして写真に写っているページを目にしたことがある方もいるでしょう。ファッションとしても活用することができるので、お洒落をしてお出掛けをしたい時には、腕時計をしてショッピングやデートなどを楽しまれている方は少なくありません。
ベル&ロスは腕時計の中でも高級なものになります。それでいて非常にファッション性の高いモデルが多いため、所有している方は少なくありません。ベル&ロスは機械式時計になります。日本に流通している製品の中にはクオーツ式があります。クオーツ式は電池が動力となって動く製品になります。そのため、針の動きが悪い時や止まってしまった時は電池を交換すれば修理できます。
一方でベル&ロスをはじめとする高級なものは一般に機械式になるため、電池ではなくゼンマイが動力となって針が動いています。そのため、長持ちさせるためには定期的にオーバーホールをしてメンテナンスをする必要があります。オーバーホールをせずに使い続けると故障の原因になる恐れがあります。例えば機械式にはそれぞれの部品に潤滑油が塗布されています。この潤滑油が塗布されていることによってそれぞれの部品はスムーズに動けます。しかし、時が経過すれば乾燥してしまうため、部品の動きが悪くなる恐れがあります。オーバーホールをすることによって、あらたに潤滑油を塗布し、動きがスムーズになります。
また、水入りを防ぐためにベル&ロスにはゴムパッキンが内蔵されています。基本的にベル&ロスを着用している間に水に濡れてしまうケースはあります。例えば雨の日に外出をすれば雨に濡れてしまうことも珍しくありません。また、ライフスタイルに水はつきものとなっているため、時計が水に濡れるケースも少なくないでしょう。このようにベル&ロスを身に着けていて水にさらされる危険性は低くはありません。そこでゴムパッキンがあることによって部品にまで水が侵入してしまうことを防いでくれるので、水に濡れることによる故障を防ぐことができるのです。しかし、もしゴムパッキンが乾燥してしまえば防水性が低下することになります。そのため、乾燥したゴムパッキンが内蔵されている状態で水にさらされれば、部品にまで水が侵入し故障してしまう可能性があります。オーバーホールでは必要であればゴムパッキンの交換なども行ってもらうことができます。ではオーバーホールは何年に一度行えば良いのでしょうか。また、どのような業者に依頼をすればいいのでしょうか。

3年に一度オーバーホールをしよう


基本的にベル&ロスを持っている方によって何年に一度オーバーホールをすればいいのかさじ加減は変わってくるでしょう。例えば3年経過すれば業者を利用してオーバーホールをしてもらう方もいます。また、3年ではなく、5年で業者を利用される方、針が遅れるようになってからオーバーホールをする方、針が完全に止まるまで使用し続ける方など様々になります。
基本的に長持ちさせたい方は3年に一度オーバーホールをするのが良いとされています。実際に多くの業者では3年に一度オーバーホールをするように推奨しているからです。定期的に行うことによって部品の劣化による本体の故障を回避できるだけでなく、オーバーホールをしてもらうことによって現在どのような状況なのか、劣化しそうな部分はあるのかなどを確認できるため、もしベル&ロスなどの高級時計を持っている方で日頃から修理などをされていない方は一度業者に利用をして劣化状態を見てもらってはいかがでしょうか。

ベル&ロスをオーバーホールするための業者の選び方のポイント


ベル&ロスなどの高級時計を所有しており、今まで一度もオーバーホールを利用したことがない方の中にはどのような業者を利用すれば良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。
確かに現在においては修理やメンテナンスを受け付けてくれるところは複数存在するため、迷われる方は多くなります。もし安心して依頼をしたいのであれば保証をしてくれるところを選択されてみてはいかがでしょうか。業者の中には一定の期間保証をしてくれるところもあるので、そのような業者を選択すれば安心して依頼をすることができます。また、安い価格で依頼をしたい方はメーカー修理だけではなく、積極的に修理専門の業者を選択することも視野に入れましょう。場合によっては半値ほどの値段で行ってくれるところもあります。

Bell&Ross(ベル&ロス)
ベル&ロスの修理・オーバーホールのページはこちら


次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る