menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

ベルandロスの時計をオーバーホールするコツ

ベルandロスの時計をオーバーホールするコツ



男性に人気の時計、ベル&ロス


ジュエリーを身に付ける習慣があまりない男性にとって時計は唯一のファッションアイテムという方も多いでしょう。TPOに応じて服を着替えるように付け替えておしゃれを楽しむ人も多くいます。高級ブランド時計は中古であっても高値で売買されることが多く、コレクションや投資としても楽しむことができます。人気ブランドは数多くありますが中でも注目されているもののひとつにベル&ロスがあります。
ベル&ロスは1991年に創業されたブランドで、様々な専門家が集結して完璧な腕時計をつくるためのチームとして発足しました。数々の世界的なブランドを生み出しているスイスではなく長い歴史を重んじながらも先進的な創造を目指して視認性、信頼性、高精度、防水性の4つのコンセプトを掲げてフランスで立ち上げられたメーカーです。創業当初はミリタリー調のデザインをメインとしたもので一部に熱狂的なファンがいましたが、2005年に世界的に知られるほどの大ブレイクを果たします。そのデザインは航空機のコックピットウォッチを思わせるものであり、あたかも計器盤からそのまま景気を引きぬいたようなものでした。斬新なデザインと視認性が評価され瞬く間に世界を席巻するブランドとなりました。
オールセラミックモデルや奇抜で個性的なデザインを発表し続けるメーカーとして人気を博し続け、プロのための時計として専門分野の現場で使用されています。パイロットが使用することを前提としたものが多く発売されており、正方形のケースデザインはそれまでのデザインの概念を打ち破るもので独創性にあふれたものとなっています。内部ムーブメントにもこだわっておりハイグレードクラスとして超高級ラインナップも存在しています。シンプルで視認性が高いため、実用性に優れているうえに強度も高く、他の高級ブランドとは全く違った趣きがあります。

時計に必要なオーバーホール


車に車検やオイル交換などの定期メンテナンスがあるように、時計にもオーバーホールが必要です。日常的に強い衝撃を与えているわけではなく腕に付けたり外したりを繰り返しているだけですが、機械式、クオーツを問わず、長く使用していると内部の部品が劣化してしまいます。機械式は部品と部品の摩耗が生じる部分の油が酸化してしまうため、3~4年で油切れの状態となりそのまま使い続けると部品自体が摩耗して寿命が短くなってしまいます。またクオーツも同様に潤滑油が劣化してしまったり、部品の摩耗が起きてしまったりして、そのまま長期間放置すると通常よりも早く止まってしまうことがあります。普段から大切に使っているから、コレクション用としてディスプレイしているだけだからということはいい訳にならず、内部機器が動いているということは劣化が進んでいるということになります。
オーバーホールは時計が健康診断を行うようなもので内部の保油性やねじのゆるみ、汚れや汗などによるさびや腐食などについてチェックして修理や部品交換を行うものです。外から肉眼では確認できないため必ず分解して作業を行う必要があります。特に機械式の新品を購入した際には、摩擦による潤滑油の汚れや細かな金属粉がでやすいため購入後初めてのオーバーホールはとても重要でその後の寿命を大きく左右するものとなります。オーバーホールは分解することから始まりますが、業者によってどのレベルまで分解するかが異なるため、ゼンマイ一本単位で完全に分解できるところを選ぶのもお店選びのポイントです。完全に分解できるということはその後、完全に復元する高い技術をもっているということになるのです。

ベル&ロスをオーバーホールできるお店


オーバーホールでは、全て分解した後にパーツを洗浄して汚れを落とします。専用の薬品を使用して何回も洗浄を繰り返すことで部品に付着した細かな汚れもきれいに落とすことができます。組み立てと注油は熟練の職人技が試される重要な工程となります。多すぎても少な過ぎても影響が出てしまうため厳密な量のオイルを注ぐことはとても難しいことです。高級ブランドを専門に扱う修理業者にもそのような技術をもつスタッフは少ないでしょう。タイミングの調整もまたデリケートな技術が必要とされ専門業者のなかには日差5秒という驚異的な精度を維持するよう調整しているところもあります。
安心してオーバーホールを依頼できるお店の条件としては、個別ブランド、メーカーを専門的に扱う高い技術力をもったスタッフがいること、豊富な経験を実績があること、パーツ交換が必要な際にはできるだけ純正パーツを使用して修理しようとする姿勢があることなどが挙げられます。卓越した技術だけでなくブランド別に専用の工具を使用していたり、工程別に徹底した分業が図られていたりと、高度で安定した仕上がりを目指している業者であれば安心して全てを任せることができるでしょう。車検に出すときに正規ディーラーに持っていくと費用や時間がかかり、必要とは思えない部分も新品に取り換えられてがっかりすることがありませんか。車検やメンテナンスを専門にしている業者の方がていねいで高い技術力があり、良心的で費用を安く抑えられることがよくあります。時計も同じことが言えます。製造メーカーに依頼することもできますが、修理専門業者でコスト面や技術力において優れているところは多いので、検討の際に業者の利用を一考する価値は十分にあると言えます。


Bell&Ross(ベル&ロス)
ベル&ロスの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る