menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

ムーブメントが特徴のオメガの時計をオーバーホールに出そう

ムーブメントが特徴のオメガの時計をオーバーホールに出そう


オメガの特徴はムーブメント



最高級のブランドであるオメガの時計を持っている方で、オーバーホールについてよく分からないという方もいるでしょう。オメガの時計のムーブメントは数々の部品でできているのが特徴なので、オーバーホールの時も、その部分のメンテナンスが中心となります。

オメガの時計のムーブメントには、少なくとも100以上の部品が使われていて、モノグラフ機能がついていると、その部品数はさらに増え、200以上にもなります。こういったところが、このメーカーの時計の特徴ですから、魅力的でもあるのですが、定期的なオーバーホールが必要になります。それを怠ると、油切れになり、各部品がだめになってしまう可能性が高くなります。油切れについて、もう少し詳しく説明すると、ムーブメントは、その各部品に潤滑油が注入されています。それが大事なところであり、その潤滑油が汚れたり、切れてしまったりすると、時計そのものに支障が生じてしまうという可能性があります。そうなるかもしれないとされている期間が3から5年ですから、オーバーホールは定期的に行わなければいけません。

とは言っても、このような高級ブランドの時計ですから、オーバーホールに出す業者は、どの業者でもいいというわけにはいかないでしょう。かなりの特殊な技術を要しますし、もし、適当な業者に依頼して、困ったことになってしまったら、もう取り返しがつかなくなります。そのため、信頼できる時計修理専門の技術者に定期的にオーバーホールを依頼した方が良いということになります。この辺りが、オーバーホールに関してはかなり重要なポイントになってきます。

何と言っても、このメーカーのものは、高価な時計です。そのため、各部品も、かなり精密な作りなために、デリケートになっています。オーバーホールをしながらだと長く使えるので、大事な時計のためにも、こういったことを心得ておくと良いでしょう。



オメガのオーバーホール



最高級ブランドであるオメガの時計は、持っている人にとっては、この上ないような宝物でしょう。中には、大事な人からのプレゼントの品という場合もあるかもしれませんし、自分へのご褒美でお金を貯めて買ったという人もいるのではないでしょうか。大事に長く使うためにはオーバーホールが必要ですから、そのオーバーホールについて説明します。

この時計のオーバーホールの特徴は、ムーブメントにあります。分解、洗浄、注油を行うわけですが、何しろ、特殊なパーツですから、専門の技術者による作業でなくてはいけません。再度組立をしながらの調整を行うという巧妙な技術が必要となるからです。もしも、内部の潤滑油の状態が悪いようなら、作動が鈍くなるでしょうし、精度も悪くなることから、摩耗の原因にもなりかねません。また、外装の傷などが気になるという場合もあるでしょう。そのような場合も、専門の技術者であれば、オーバーホールとセットできれいにしてくれます。

このようなことからも、お分かりのように、オメガのオーバーホールは専門技術者に任せる必要があります。インターネットで検索をすると、メーカー標準修理価格よりも安い価格でオーバーホールできる時計の修理、オーバーホールの専門店を見つけられるでしょうから、そういったところに依頼することを、検討してみましょう。そのお店は、信頼できる技術者がオーバーホールを担当しますから、安心してお任せできます。インターネットで「オメガのオーバーホール」を検索してみましょう。良い技術者にオーバーホールをお願いできれば、時計は生き返り、いつまでも、その機能性を発揮してくれます。



オーバーホールの流れ



最高級ブランドであるオメガの時計は、その特徴であるムーブメント内部を定期的にオーバーホールすることで、長持ちします。どのようにして、オーバーホールに出せばよいか、その流れを説明します。

まずは、インターネット検索でオメガの修理、オーバーホール専門店を見つけ、無料見積もりをお願いしましょう。大抵のこういったサイトは無料見積もり依頼書というページがあるので、必要事項を記入の上、メールをします。もし、材質等が分からない場合は、その旨も書いておくようにしましょう。その他のことでも分からないことは、特に書かなくても良いのですが、書いている項目が多いほど、正確なことを伝えられるため、できるだけ分かる範囲のことは書くようにしましょう。

それから見積り価格の連絡があるはずです。その価格に納得がいけば、正式に依頼をしましょう。分解からムーブメントの洗浄に始まり、クリーンネスや部品の交換、ムーブメントの組立と潤滑油の注入を行います。さらに精度調整やサービス価格でのケースやブレスの磨きが施され、針やダイヤルケースの組み立て、防水検査、持続時間の検査、巻き上げの点検の後に検品で終了といった流れです。オーバーホールを実施した後、中には保証が付く修理場所もあります。このように丁寧なオーバーホールですが、中間マージンが発生しないため、費用を抑えられます。よって、かなりお得な価格になるでしょう。定期的なオーバーホールで、時計の本来の輝きを取り戻しましょう。

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る