menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

ロレックスのオーバーホールについて知ろう

ロレックスのオーバーホールについて知ろう

分解掃除点検について



オーバーホールとは日本語で分解掃除点検という意味で、時計も他の電子製品と同じく定期的に掃除、点検する必要があります。分解掃除点検は時計店に任せるとお金がかかってしまうので、自分でやるという人もいます。しかし、ロレックスなどの高級時計は部品が細かく一歩間違えると動かなくなるため、時計店などの専門店で分解掃除点検してもらう方が安心です。分解掃除点検の時期は、時計により変わってきます。高級時計はブランドにより様々な特殊部品が使われているため、分解掃除をする時に注意が必要です。

ロレックスは、ブランド品の中でも時計の本場スイスで誕生したブランドで、値段も一般的な時計より高く、そのため分解掃除点検をする際の値段も高くなってしまいます。ですが掃除をせずに長年使い続けていると、動かなくなった際に修理ができないという事も起こりうるため、点検は数年に1回行うといいです。ロレックスの場合は、3、4年程度に1度行うのが一般的です。また、先ほど記載したように種類によって点検の時期が変わってくるので、購入した時計に関し点検の時期が気になる場合は、購入したお店で聞いてみるのもいいですし、ブランドに問い合わせしてみると良いかもしれません。

時計を動かす際に重要になってくるのが、時計に注油する油の量です。この油の量は調整が難しいので経験を積んだベテランに任せるのが一番とされています。いつも訪れている修理店があればその店に任せるのもいいです。また、オーバーホールはあくまでも点検ですが、依頼するときに、同時に、磨きをしてもらうこともできます。部品を磨いてもらうことによって、新品のような輝きを取り戻すことができるようになります。



ロレックスの分解掃除点検の手順



オーバーホールの手順としては、まず、始めに時計の分解をします。時計のカバーを外し内部の部品を取り出していきます。この内部の部品は組み立てる際にどの部品がどこのものなのか分からなくならないよう部品を仕分けしておきます。次に各部品の洗浄を行います。部品の洗浄は超音波洗浄に加え、各部品専用の洗浄液を使い洗浄していきます。洗浄後、部品が古くなっていないか、問題のある部品はないかなどの精密検査を行います。そして、問題がある部品などがあった場合は新しい部品に交換を行います。部品の交換を行った際は、部品の料金も修理代に含まれることがあります。

部品交換後、組み立てていきながら部品同士の摩擦や、その摩擦による部品のすり減らしを防ぐために、油を適度に注油していきます。この油の差し具合で、時計の精密度などが変わってきます。注油後は、精度を維持するためにムーブメントを調整します。その後、秒針が正確な時間を刻んでいるか、全ての部品がちゃんとしたタイミングで動いているかを数日かけて、測定機器を使ってしっかりと検査します。正確に動いていれば、ブレスレットとカバーをはめ込みます。磨きを行う場合は、磨いてからの組み立てとなります。

時計が防水のものだった場合はブレスレットとカバー装着後に防水、水圧検査を行います。問題がなければ、最終調整を行いオーバーホール完了となります。オーバーホール開始から完了するまでの期間は1ヶ月程度と少し長い期間がかかるのが普通です。そのため、腕時計を日常的に着用している方は、もう1本予備の時計を用意しておくと困らずに済みます。



オーバーホールの大切さ



ロレックスは防水性のものがほとんどで、各部品の耐久性などにも気が配られており、壊れや故障の少ない時計だと思われがちです。しかし、定期的に分解掃除点検を行わないと、内部の部品がだんだんと錆びていき、動かなくなってしまった時にはもう手遅れということもあります。また、時計の劣化に気づかず海や水の中に入ってしまうと、たとえ防水であったとしても、時計内部に水が入り込み動かなくなるというケースもあります。

時計内部に異常があったとしても、時計としての機能をちゃんと果たしている事もあるため、故障に気づかずそのまま使い続けるということも多いですが、時計を長く使い続けるといった意味でも、オーバーホールを行う事はとても重要になってきます。購入して3年以上たった時計は異常がないかを一度専門家に診てもらい、異常があればそのまま修理、異常がなくても部品の掃除をしてもらうようにお願いするなどして、部品の錆を防ぐように心がけるといいでしょう。そうすると長い間同じ時計を使い続けることが可能になります。

また、時計が遅れるようになったらオーバーホールをしたほうがいいでしょう。潤滑油が劣化して、部品に負担がかかっている可能性があるからです。時計が故障してから修理に出すのとオーバーホールを定期的に行った時計では修理費などが変わってくる場合があり、定期的に掃除を行っていないと値段が高くなる場合もあります。また最悪の場合、修理することができず、買い換えるしかないということにもなりえます。定期的にオーバーホールを行う事が時計にとっても、その時計を使う人にとっても大切になってきます。

ロレックス(ROLEX)
ロレックスの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る