menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

ロレックスの腕時計を修理してもらう際の注意点

ロレックスの腕時計を修理してもらう際の注意点

ロレックスとは


ロレックスと言えばだれもが知っているといっても過言ではない高級腕時計ブランドの一つです。スイスの腕時計メーカーであり、1905年にハンス・ウィルスドルフがロンドンで創業をしました。
ロレックスの腕時計といえばすぐに高い、お金持ちのステータスといったイメージを持ちます。確かにとても高価なものであり、一生モノの腕時計を購入する際に選ばれるブランドです。ただ、ブランドのネームバリューがあるから高いのではなく、腕時計が高いのにはきちんと理由があります。
腕時計としてロレックスはとても実用性が高く、機能や耐久性も優れているため、価格としては十分バランスが良いと言われています。創業当時から高い機能を持った腕時計を作り続け、なおかつ腕時計のパーツをすべて自社で作っているというのは画期的なことであり、今でもすごいことなのです。そのため、ブランドネームがあるから購入したいという人もいますが、それ以上にロレックスの腕時計の品質がとても高いことから腕時計の購入をする人が多くいます。あこがれの腕時計として一生懸命貯金をしたり、仕事の成功をはじめ人生の中で記念に残る場面で記念品として購入したりといった思い入れのある腕時計となることも多いです。
高級な腕時計であり、なおかつ思い出もあるとなると一生使い続けるということも少なくありません。どのような腕時計でも長く使っていれば不具合が出てくるものです。どれだけ高級で優秀な腕時計であっても不具合というのはあるもので、ロレックスもこれにあてはまります。やはり使っている中で不具合が出てくることもあり、そういったときには修理を受けることが必要ですし、その際には注意するべきこともあるのです。

オーバーホール


どんなに状態の良いロレックスでも使っているうちにムーブメントの中にある油は劣化をしていきます。そうすると故障することも少なくありません。故障してからでは腕時計の修理が間に合わないという可能性もあり、故障する前に定期的なメンテナンスをすることが良いと言われています。このメンテナンスにあたる作業がオーバーホールです。
オーバーホールでは具体的に時計の中を分解して、故障がないかの点検をし、中の洗浄と必要に応じて修理をしていきます。日常生活で問題なく動作しているからといって必ず調子が良いとは限りません。ムーブメント内をきれいな状態に保つことでトラブルを回避することができますし、ちょっとしたトラブルに早く気付けば故障する前に対応ができます。
もちろんオーバーホールも無料ではありません。しかし、壊れてから修理をするよりはリーズナブルになりますし、故障の場合には修理をしても直せない状態となる可能性もあります。そこで、このようなオーバーホールを定期的に行うことであまりコストを掛けず、なおかつ少しでもきれいな状態を維持することが重要なのです。
目安としてどれだけ調子が良い腕時計でもオーバーホールは3年から4年に一度は行うべきと言われています。ただし注意として、オーバーホールをしたから必ず壊れないとは限りません。あくまでもオーバーホールとは突然壊れてしまう可能性を軽減するための策なのです。病気の定期検査と同じと考えましょう。定期検査をしたときには病気が見つからなくてその直後に発症することがあるのと同じです。

注意点


オーバーホールはお金のかかるものですし、作業にも時間がかかります。特にロレックスは細かな部品が使われており細心の注意を払って作業をしなければなりません。そのため、持ち込んで作業を依頼しても当日に受け取ることができないことがほとんどです。そこで、作業を依頼するにあたっては数日間腕時計が手元にない生活になることを理解しておく必要があります。
もう一つ注意するべきことが費用の問題です。やはりオーバーホールをするならば直営店が運営しているオーバーホール専門店が安心できます。しかし、依頼をするとかなりの費用が掛かることがあります。何年もオーバーホールをしていない場合には部品交換も含めて数十万円するということもあるほどです。
そこで、最近では少しでもコストを下げようということでオーバーホールの作業を受けてくれる業者に持ち込むという人も増えています。時計修理店の中にはオーバーホールの技術を持っている人がいるという場合もあり、そういったところに依頼をするとかなり低コストで作業をしてもらえます。
ただし、注意として直営店ではないために社外パーツが修理に使われてしまうこともあります。その後腕時計が故障したとして直営店に持ち込んでも修理を受けてもらえないこともあるのです。また、防水性能を検査する道具が手元にないという場合には防水保証ができないといわれる可能性もあります。そこで、オーバーホールの依頼をするにあたっては事前にパーツの有無や防水保証の可否といったことを確認して納得したうえで作業を任せるようにしましょう。

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る