menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

ロレックスをオーバーホールしよう

ロレックスをオーバーホールしよう



ロレックスのオーバーホールを正規店以外で依頼するための業者の選び方のコツとは


ロレックスなどを所有している方の中にはオーバーホールを検討されている方もいるのではないでしょうか。基本的にオーバーホールを受け付けてくれるところは正規店と専門の修理業者になります。修理を検討されている方の中には、正規店以外に依頼をしても問題ないのか不安を抱えている方も少なくないでしょう。例えば正規店では昔に製造されているパーツが保管してあったりするため、昔のロレックスを正規店でオーバーホールできるというメリットがあります。しかし、費用が高額になることもあります。例えば正規店では通常、多くのパーツを扱っているため、少し汚れや故障などが見つかれば新しいパーツに交換してしまうからです。その分費用が高く、利用する方は多くの負担を抱えることになります。
一方で正規店以外の修理専門業者においては専門のスタッフが丁寧に作業をしてくれるので、過剰にパーツを交換することは少なくなっているでしょう。
オーバーホールを依頼したいと考えている方の中には、どのような修理業者を選べば良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。修理業者によって、技術はそれぞれ異なります。大切なロレックスを一時的に手放すことになるため、どのような業者を選択すれば安心して依頼できるのか不安を抱えている方もいるでしょう。選び方にはコツがあるので、それを参考にして選択されてみてはいかがでしょうか。
選ぶ際に検討したいのが価格です。正規店以外で依頼をしたい方の多くはなるべく安い価格でサービスを提供して欲しいと思われている方は少なくないでしょう。業者によっては正規店よりも60パーセントオフの価格でサービスを提供してくれるところもあります。このような業者を選択すれば費用面での負担少なくオーバーホールをすることができるのではないでしょうか。安いから不安を感じるという方も少なくありません。安い価格を提供する代わりその分技術力が低いのではないかと思われる方もいますが、業者の多くは保証サービスを提供してくれます。
業者によって保証期間は異なりますが、その中には1年間品質保証をしてくれるところもあるので、正規店以外で依頼をすることに不安を感じている方でも安心して利用することができるでしょう。依頼を検討されている方の中にはなるべく早く自分の手元に戻ってきて欲しいと思われる方も少なくないでしょう。確かにメンテナンスをするためには一定の期間業者にロレックスを預けてオーバーホールをしてもらうことになります。また、ロレックスは高価なため長期間預けておくことことに不安を感じる方も少なくないでしょう。業者の中には約3週間でお客様のところに届けてくれるところもあります。この納期が実現できる理由は修理を専門に行っているからです。例えば業者の中には修理と同時に販売も行っているところがあります。当然販売をしているところでは購入を検討されているお客様に対応しなければならないためどの分修理できる時間が少なくなります。修理だけを行っているところを選べば早い納期を実現してもらうことができるでしょう。

オーバーホールの必要性について


オーバーホールとは全ての時計が利用できるメンテナンス方法ではありません。例えば時計には大まかに分けて二つの駆動タイプがあります。それはクォーツ時計と機械式時計になります。クォーツ時計は主に電池の力を利用して針を動かす方法になります。一方で機械式時計はゼンマイが動力となり、駆動する時計になります。
オーバーホールが必要な時計はロレックスのような機械式時計です。機械式時計はゼンマイが動力となり、様々な精密なパーツが密接しあって動くため、定期的にメンテナンスを行うことが求められます。例えば潤滑油が部品には付いていますが、これが乾燥するとスムーズに動くことができなくなるため、定期的に潤滑油を塗ってスムーズに動くようにメンテナンスが求められます。
また、機械式時計にはゴムパッキンが使用されています。長年使用しているとゴムパッキンが劣化するため、防水性が低下します。防水性が低下した状態で雨の日などに腕時計を見に付けて外出をすると、水が時計の部品内部にまで侵入する可能性があるため、時計全体に悪影響を与える可能性があるのです。

オーバーホールは何年に一度行えばいいの?


ロレックスなどの機械式時計を所有している方の中には、今までオーバーホールをしたことがない方も少なくありません。そのような方は何年に一度業者に依頼をすれば良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。
基本的に修理業者が推奨しているタイミングでは3年に一度オーバーホールが必要であるとされています。機械式時計を使用している方の中には購入をして既に3年経過している方もいるのではないでしょうか。そのような方は正規店以外の修理業者に依頼をしましょう。上記にも挙げたように正規店以外の修理業者に依頼しても、多くのメリットを得られます。また、ホームページからも注文を受け付けてくれるところもあります。

ROLEX(ロレックス)
ロレックスの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る