menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

人気のタグホイヤーのメンテナンスと時計修理

人気のタグホイヤーのメンテナンスと時計修理



若者を中心に人気の高級時計



人間は何か欲しいものがある時、色々と理想像を描くものです。要素として色々なものを求めることが多く、腕時計の場合には手の届きやすい価格帯であること、知名度がそこそこあること、デザイン性が高いこと、時計としての性能が高いことということが挙げられます。これらの条件に合致するのがタグホイヤーの時計です。タグホイヤーはスイスの高級時計メーカーで、若い男性を中心に人気を集めており、高級腕時計の1本目として選ばれる時計にもなっています。高級時計の中では価格帯が手の届きやすいものであり、なおかつ品質も高いということで人気です。

一般的な認知として、タグホイヤーの認知度は世界の名だたる高級腕時計に比べると決して高いとは言えません。しかし、時計が好きな人にとってはかなり人気の高いブランドです。そのため、こだわって身につけているという印象を相手に伝えることもできます。また、価格帯としてもボーナスをもらったら買おうなど、仕事で成功したら買おう、1年貯金をして買おうというような明確な目標を立てて購入がしやすい価格帯です。無理をせず購入することができ、なおかつ手が届くまでの期間もあまり長くかからないということも人気の理由です。

高級時計を持つと気になることが時計修理の問題です。時計の電池交換や修理について、高級時計になるとその構造の複雑さから一般的な時計店では対応をしてもらえないということがあります。メンテナンス費用についてもかなり高額になることがありますし、定期点検の面からも、ランニングコストがそこそこかかることを理解しておく必要があります。タグホイヤーは、メンテナンスについても手頃な価格である点が人気の理由となっています。



時計修理の方法



タグホイヤーの時計は高級時計であること、デザイン性が高いことから愛着を持って使う人が多いため、使っている期間が長いという人が多いものです。長く使えば高級時計であっても時計修理が必要になってきます。タグホイヤーなどの高級時計の場合は、修理ができる場所がある程度絞られています。まず多くの人にとって修理の必要が出てくるのが、ベルトのバックル部分の修理です。タグホイヤーの場合は、ベルトのバックルが特徴的なデザインであるため、多くの場合実店舗のカスタマーサポートに持ち込んで修理依頼をすることになります。しかし、カスタマーサポートに持ち込んでも修理をすることが難しいことが多く、修理よりはベルトやバックル全体を交換をしてもらうことになることがよくあります。

それ以外の内部の故障や修理については、持ち込んで必要に応じて修理やパーツ交換をしてもらうことができます。直営店のカスタマーサポートであればパーツはしっかりと保管されているので、ほとんどのものはそのまま交換をして元の状態に戻すことが可能となっています。ただし、住んでいる地域によっては家の近くに実店舗がないという人も少なくありません。そのような場合、家の近くにある時計修理のお店にいっても修理を受け付けてもらえないこともあります。

タグホイヤーの場合には、オリジナルの部品を使っていますし細かな作りになっているために、対応してもらえないことが多いのです。そこで、持ち込むにあたっては事前にタグホイヤーの修理に対応していることを明記している店舗を選ぶことが必要です。



オーバーホール



タグホイヤーのような高級時計というのは、時計修理だけでなく定期的なオーバーホールを行うことが必要です。オーバーホールというのはムーブメントの全てを分解して特殊なオイルを用いて一つ一つの部品を洗浄していくことです。この作業を行うことで、部品の摩耗や破損がないかの確認をすることができますし、油をさすことによってしばらく使用をしていても摩耗したり破損をしたりすることを防ぐこともできます。定期的に行うことが必要とされており、メンテナンスのタイミングとしては3年ほどで1度行うことが必要とされています。

このオーバーホールはタグホイヤーのような高級時計となれば、メンテナンスもパーツに破損があることが分かった時の対応もかなり複雑になりますし、自社パーツが必要なことも多く、一般的な時計店では対応できないことも少なくありません。そこで、正規店に持ち込んで専門の修理工場でオーバーホールや修理箇所の有無の点検といったことをする必要があります。

ただし、正規店での作業となれば順番にメンテナンスが行われるために、一定期間時計を預けなければなりません。混雑状況によって預かり期間は違ってきますが、大体3週間は見ておく方が良いとされています。もしも正規店に持ち込むことが費用的にも預かり期間的にも問題があるという場合には、オーバーホール専門店に持ち込むというのも一つの方法です。このようなオーバーホール専門店であれば、正規店よりもリーズナブルに作業をしてもらうことができ、なおかつ預かり期間も短くて済むことがあります。

タグホイヤー 精度を追及するクラフツマンシップ
タグホイヤーの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る