menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

人気の高級腕時計OMEGAに必須のオーバーホール

人気の高級腕時計OMEGAに必須のオーバーホール


世界的に人気の防水型腕時計



世界的に人気の定番腕時計OMEGAにはいろいろなシリーズがリリースされています。1948年にリリースされたシーマスターは防水機能を持った腕時計ということで当時注目を集めました。その後、防水機能を持った腕時計が多くリリースされるようになりましたので、1950年代以降は防水機能を更にアップさせたシーマスターのモデルがリリースされました。また、防水仕様であることを示すために、海獣・シーホースの刻印が入っています。

その後さらに防水機能をアップさせて、ダイバーの方が潜水の際に用いても大丈夫な仕様のものが発表されました。便利なことに一部の腕時計では水中での操作も可能です。この機能はダイバーの方にはとてもありがたい機能であり好評を得ています。様々な分野でその卓越した時計作りの技術が生かされるようになっています。しかしながら、シーマスターシリーズの有する優れた防水機能もお手入れを怠ってしまうとだんだん劣化してしまいますので、定期的なお手入れであるオーバーホールは必須のものになります。お手入れの最終段階では、時計の持っている防水機能のチェックも行われます。ですから、安心して時計の持つ防水機能を長期間堪能できるようになる事でしょう。万が一時計の内部に水が入ってしまうと時計の劣化が早まってしまいます。

映画の主人公が水中のシーンでシーマスターシリーズの時計を身に着けていることでも知られています。つまり世界的なレベルで誰もが認める最高級の防水機能を備えた腕時計であると言ってもいいでしょう。



世界レベルの耐久性を持った腕時計



世界的なブランドとなっているOMEGA社の高級腕時計シリーズの中でスピードマスターシリーズは非常に耐久性の高いモデルとして知られています。宇宙空間でも安心して使えるだろうという期待の元に、アメリカ航空宇宙局の公式の時計として採用され、アポロ計画の際の宇宙飛行士用の時計として使われ世界的な注目を集めることになりました。NASAが行った様々な性能試験に対してスピードマスターのシリーズはすべてのポイントで大変優秀な成果を収めたことが、公式時計の採用の理由だと言われています。

スピードマスターの耐久性の秘密は外部からの衝撃を吸収可能にする構造にあると言われています。ですから衝撃によって時計が破損する可能性が大幅に減少することになっています。また、宇宙空間などで、仮に破損しても破片が飛び散らないように風防がプラスチック性であるということも挙げられます。もちろん時計としての機能も卓越したものがあり、アポロ計画において、スピードマスターシリーズの時計を用いて、ロケットの操縦の時間制御を行い安全な運航を実現したという実績も知られています。

このように非常に性能の良い時計ではありますが、こまめにオーバーホールを行っていないと、すぐにその卓越した性能が損なわれてしまいますので、忘れずにお手入れをすることが大切です。お手入れはかなりのレベルが要求されますので、必ず専門の業者に依頼することが必須となります。熟練の技術を持った職人だけが高級腕時計のオーバーホールを行うことができるもので、熟練していない職人ですと逆に機能を低下させてしまうことも考えられます。



お手入れの方法



OMEGAのような高級腕時計のオーバーホールは、純正品の部品を使用する正当な業者に依頼するのが安全かつ正しい方法になります。もちろん、卓越した技術を持った職人さんに仕事を依頼するのですから値段もそれなりに高くなってしまいます。しかしなら、お手入れを怠ってしまうと、腕時計本体の方にトラブルが起きてしまって最終的に時計の買い替えを余儀なくされる場合もおきてしまいます。ですから、高級腕時計を買ったからにはオーバーホールは必須のものとして理解しなくてはなりません。

一方で、これまで一般的と言われていた価格よりも安い金額でオーバーホールを行ってくれる業者も出現してきています。価格が安いからといっても純正品の部品を使っていない訳ではないので安心です。価格が安くなっているのは、粗悪な部品を使っているのではなく、無駄を省いているからにほかなりません。嬉しいことに、通常のお手入れよりも短期間で完了するようになっています。短期間ですが、時計の動作確認、防水チェック、新品仕上げなどのすべての工程を行ってもらえるようになっています。高い満足を低価格で実現できるオーバーホールということで話題となっています。

時計のお手入れに加えて、時計の修理にも対応してもらえることも人気を集めています。業者にwebサイトから問い合わせれば、おおよその見積もりを作成してくれますので、値段と相談しながら、修理をすることも可能になります。腕時計のオーバーホールや修理に関する総合的な業者への質問などはフリーダイヤルで問い合わせてみましょう。

OMEGA(オメガ)
オメガの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る