menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

大事に使いたいオメガをオーバーホールしてもらう

大事に使いたいオメガをオーバーホールしてもらう



時計の性能を維持させるには


高級な時計は極力大事に使っているという方が殆どでしょうが、どれだけ大事にしていたとしても、時計を構成するパーツは常に動き続けているため、徐々に劣化していき、本来の機能を発揮することが出来ません。当然オメガについても同様で、ブランドを問わず長く使い続けた時計は、オーバーホールを行って細かいパーツまで分解し、不調がないか確認して元通りの状態に戻さなければなりません。目安としては3年に1度の間隔といわれているので、同じくらいの期間時計を使い続けているという方は、本格的に故障する前にメンテナンスを依頼すりとよいでしょう。
時計のメンテナンスは、メーカーが専属のスタッフの手によって行うことが多く、専門スタッフによる修理は時間がかかり、さらに修理にかかる費用もかなりの額になることが考えられます。ある程度負担を抑えたいときには、修理を専門に行う業者を利用してみましょう。専門業者の大きな特徴は、メーカーの修理よりも安く利用することが可能な場合が多く、想像以上に元の状態に近づけることが出来ることから、気になるプランがあれば故障前に依頼してみましょう。定期的な修理や検査を行うだけでも、時計の各パーツにかかる負担や寿命の長さには大きな影響が現れてくるでしょう。
業者によっては、オーバーホールとは別に仕上げの技術者を擁しているところもあります。仕上げの技術者がいる業者であれば、時計の中の性能に関わる部分だけでなく、ケースやブレスレット部分を新品のように綺麗にすることができます。オーバーホールを依頼した際には是非こちらも検討してみましょう。

大事に使っても劣化する


時計が趣味という方は、自分の好みに合わせて色々な時計を身につけます。少しずつお金を貯めて、欲しかった有名ブランドの時計を手に入れる方も少なくありません。様々な用途で時計を楽しんでいるでしょう。特にオメガなどにみられる機械式の時計は、どれだけ大事に使っていても徐々に劣化します。時間を計るためのぜんまいや歯車など、各パーツが徐々に磨耗していき、潤滑油が乾燥します。直接時計の中を見ることは出来ませんが、徐々に劣化は進行していくので、長く時計を使い続けるためにも、オーバーホールをはじめとするメンテナンスは必ず行う必要があります。オメガをはじめとする高級時計は、昔ながらのシステムを現在でも多く取り入れており、これにより従来のようにオーバーホールなどの面倒なメンテナンスが必要となります。もちろんそれらの機能をフル活用するためには、専門家による定期的なメンテナンスが非常に重要な意味を持つので、少しでも長い間大事な時計を使うためにも、修理のタイミングは忘れないようにしてください。定期的な修理や検査を行うだけでも、時計の各パーツにかかる負担や寿命の長さには大きな影響が現れてくるでしょう。オーバーホールのようなパーツを分解する必要があるメンテナンスについては、それほど連続して行う必要はありませんが、大体の目安として、3年に1度の感覚で修理すると良いといわれています。人によっては止まるまで使い続けるという方もいますが、潤滑油の性能向上を考えると、あまりおすすめ出来ないでしょう。オーバーホールについては、時計の特徴など購入する前に時計店で確認しておくのも良いでしょう。

お得に修理する方法


高級時計は高額のため、いくつも持つことは出来ないアイテムでしょう。一般的な収入のサラリーマンの場合は、大事に一つの時計を使い続けるという方が多いのではないでしょうか。そんな大事な高級時計も、使い続けることで徐々に劣化します。少しでも長く使い続けるためにも、定期的なメンテナンスが必要です。特にオメガなどに見られる機械式時計の場合は、パーツを分解して劣化箇所を修繕し、潤滑油を入れなおすなど、細かな箇所も修理するオーバーホールを定期的に行う必要があります。
時計の寿命を延ばすためにも、オーバーホールは絶対に欠かせないメンテナンスではありますが、非常に細かい作業が要求されるので、費用もそれなりの額が必要となります。メーカーの公式修理を利用する場合は、特に料金がかかるといわれているため、少しでも費用を抑えたいときは、修理専門の業者に依頼することで、より安くメンテナンスを行うことが出来ます。業者も複数あります。いくつか比較しより安い料金設定の業者に依頼すれば、更に負担を減らすことも出来るでしょう。
高級時計はそのものの値段ももちろんですが、その後の維持費もそれなりの額が必要となります。確実に修理を希望するならば、メーカーの専門スタッフに依頼するのが1番ですが、数年に一度の単位で修理を依頼することから経済的に厳しいのであれば、負担を少しでも減らすためにも、修理専門業者に依頼する必要が出てくるでしょう。場合によっては公式の修理サービスを毎回使わずに、数回のうち1度は他の業者に修理を依頼するといった使い方も出来るため、自分に合う良い方法を試してみましょう。

OMEGA(オメガ)
オメガの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る