menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

時計オメガのオーバーホールの意味について

時計オメガのオーバーホールの意味について


お手入れをしないでいると



精密機械というのはどんな場合にもお手入れが大事になってきます。一般の機械に比べて精度が要求されますので、こまめにお手入れをしなくてはなりません。また、お手入れの方法が機械ごとに異なっていますので、いつも同じようなお手入れをするのは間違ったお手入れの方法になってしまいます。正しいお手入れを行ってくれる業者に依頼しなくてはいけないのはそのためです。

機械式腕時計の場合は、機器のお手入れはオーバーホールと呼ばれています。例えばオメガといった高級腕時計の場合においても、一度分解して、部品についている汚れをきれいにして、さらには部品が精密に動くように油をさす作業が重要なポイントになります。油の量が少なくても時計は正常に機能しなくなってしまいますし、逆に多すぎてしまうと油が時計の中にあふれてしまうことになるのでこれも決していい状態ではありません。

つまり、オーバーホールをするには熟練の職人技が必要になってきます。一般の人では絶対に行うことが出来ないものであると考えて間違いないでしょう。高級腕時計のお手入れは3、4年ごとに行っていくことが理想的であると言われています。それをしないでいると、時計が正常に作動しなくなってしまうだけでなく、部品にダメージが出てしまい。時計そのものの機能が損なわれてしまうことになってしまう場合もあります。忘れずにお手入れを行っていくことが、時計の機能を維持するためにはとても重要な要素になってきます。

お手入れをきちんと行っていれば、何十年にもわたって高級腕時計の性能を維持することが出来るのですが、それをしないでいると、時計は正しい時を刻まなくなってしまう可能性もあります。高級腕時計を愛用している人は、お手入れも欠かさないようにしましょう。



オメガ社とは



オメガ社は高級腕時計の製造メーカーとして知られています。本社はスイスにあり、その歴史は大変古く1848年に懐中時計の製造を開始したのが起源と言われています。スイスは空気の良い環境を利用して、古くから精密機械のレベルの高さは世界的に群を抜いていました。

非常に性能の良い時計を作り出す技術を持っており、オリンピックなどのスポーツ競技会での公式タイムを計る時計として、1930年代から使われるようになっています。1965年に同社のスピードマスターは非常に耐久性のある時計ということで、NASAの公式時計として採用されることになりました。さらには、アメリカの誇るアポロ計画においても用いられており、宇宙飛行士が同社の腕時計をつけて、月面に降り立ったことから、月面に初めて行った腕時計ということでも世界的に有名になっています。

高級腕時計ということで、当然のことながらオーバーホールは欠かせないものであります。従来の時計ですと3、4年ごとのお手入れが必要でしたが、傷みにくく、摩擦力の少ない部品の開発により10年間隔のお手入れでも十分に機能を維持できるという最新式の腕時計もリリースされるようになり、愛用する人も増えています。もちろん従来の間隔でお手入れすることも問題ありません。

腕時計は男性用のみならず、女性が身に着けるのにふさわしいドレスウオッチタイプもリリースされており、世界レベルで多くの人に愛されている腕時計の一つとなっています。高級感と精度を兼ね備えた腕時計は、身につける人のステータスを高めるのに大いに役立っています。



オーバーホールをする際に気を付けること



オメガ社の高級腕時計を長きにわたって愛用していくには、お手入れは必須のものであるのは言うまでもありません。しかしながら、専門的な技術を持った業者にお手入れを依頼すると、それなりの費用と時間が必要になってしまいます。費用は状態によって様々ですが、期間についても思ったより長く預けることになるケースも少なくありません。その間は愛用の高級腕時計が使えなくなってしまいます。

こういった状況の中、ニーズに応えて、高級腕時計のお手入れを短期間で廉価に行う業者も出現するようになっています。通常よりもかなり安い費用でお手入れが完了するということで人気を集めています。さらには、お手入れに要する期間も短いので、時計が使えない期間も短くなりこちらも大変好評です。

値段が安いといっても、お手入れをする人のレベルが低い訳ではありません。技術以外の部分で節約可能な部分を検討することによって、従来よりも低価格で同等レベルのサービスを受けられるようになっています。お手入れの後は保証期間がついているものもあるので、まさかの場合にも安心してお手入れの依頼が出来るようになっています。

時計のお手入れをお願いすると、新品仕上げを行ってもらえるケースもあり、ベルトの部分やボディの部分に光沢がよみがえり新品のような雰囲気に変身させることも可能となっています。そのため、いつでも新品の高級時計を身につけている感覚になります。また、お手入れの最終工程では、時計が時を正確に刻んでいるかについての検査も行われるので安心です。

OMEGA(オメガ)
オメガの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る