menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

費用を抑えて腕時計のメンテナンスや修理をしよう

費用を抑えて腕時計のメンテナンスや修理をしよう

腕時計を長持ちさせるコツ


最近では女性や男性問わず、おしゃれな時計を使用している人も多くなっており、時計が販売されている店舗でもさまざまな高級ブランドから多くの腕時計が販売されています。時計を購入する世代においても幅広く、若い世代から年配にも人気が高くなっています。しかし、使用しているうちに傷がついてしまったり、壊れてしまうということがあります。
正規店舗以外でも時計専門店で、時計の電池交換からメンテナンス、修理まですべてに渡って任せることができる会社が増えてきています。 多くの高級腕時計は、購入当時に注油されていたものが使用していくうちに乾いてしまうことで、故障や汚れの原因になってしまいます。この状態を放置してしまうと、摩擦によって部品が消耗してしまい、傷になってしまうため、定期的にオーバーホールと呼ばれる修理が必要になります。専門店でのメンテナンスを定期的に受けることで、いつまでも使い続けることができます。
時計専門店でメンテナンスを受けることによって、正規店舗に比べて安い値段でメンテナンスを受けることができます。時計専門店の中には、時計のメンテナンスを外部と連携して行うのではなく、店舗内で専門の技術者によって行われるところが増えてきています。店舗内でメンテナンスをすることで、費用を安くすることができるだけではなく、メンテナンスにかかる時間を短縮することが可能となり、依頼してから手元に戻るまでの納期も短くて済むようになります。

オーバーホールを行うメリットと金額


一般的に時計専門店で行っているオーバーホールの基本料金は、それぞれのブランドによって変わってきます。ですが、専門店で行うことにより正規店舗に比べて低価格で行うことができます。また、正規店舗でオーバーホールを行うよりも時計専門店で行う方が、納期が短く、手元に戻ってくるまでの期間が早いというメリットがあります。
高い人気を集めている時計の場合、オーバーホールはムーブメントを分解して洗浄が行われたのち、多くの経験を積んでいる技術者によって丁寧に調整が行われます。調整には、精度の点検、防水検査、巻上点検が行われ、引き渡し後に不具合がないように丁寧に作業されます。また、オプションで外装の磨きをしてもらうこともできます。外装磨きをお願いすると、ヘアライン仕上げや鏡面仕上げなどの工程によって新品同様の輝きを取り戻せます。高級時計にオーバーホールを行うことで、細かい一つひとつの部品に油を注油し、部品同士の摩擦を減らしていきます。
オーバーホールを行い、購入当時のコンディションに蘇らせることが、最大のメリットです。オーバーホールは、購入した腕時計の専門店以外で行うと店舗によっては社外品を使用されることがあります。しかし、純正のものを使ってオーバーホールを行う会社も増えてきています。その場合は、時計専門店でオーバーホールを受けた後に正規店舗に持っていったとしても問題なく修理を受けられます。

正規店舗より時計専門店が選ばれている理由


個人店舗で行われているオーバーホールなどの修理は、正規店舗に比べるとはるかに値段が安く設定されているので、仕上がりに不安になってしまう人も少なくありません。しかし、会社によっては正規店舗で使用されるような工具や防水検査機など、必要な道具がすべてそろっており、全ての工程を店舗内で作業できるようになっています。
オーバーホールに使用される純正パーツに関しても、独自のルートによって仕入れられているため、低価格でサービスを受けられます。オーバーホールが行われる部品の交換の見極めは非常に難しく、経験が少ない技術者は、交換する必要がない部品まで交換してしまうので、会社によってはオーバーホールにかかる値段が高くなってしまうケースもあります。長年経験を積んできた熟練の時計専任の担当者が在籍している専門店では、無駄な交換は行わず交換が必要な部分のみ行うケースが多いです。最小限の部品交換で済ませることで正規店舗よりも価格を安く設定している店舗は少なくありません。大切な高級時計を預けられる熟練の技術者が在籍しているかどうかを確認しておきましょう。
多くの会社では、オーバーホールと研磨の作業を同じ技術者によって行われることが多くなっています。しかし、研磨と呼ばれる新品仕上げは、オーバーホールを行う技術者ではなく、専任の研磨技師によって行われる場合があります。オーバーホールにはオーバーホールを得意とされる技術者、研磨には研磨を得意とされる技術者によって行われることで、それぞれの作業をパーフェクトにおこなっています。また、研磨のみは外部会社に出す会社が多い中、店舗内で研磨をしている会社は、納期を最小限に短くすることができ、費用も低価格に抑えることが可能となっています。なるべく納期を早め、費用を抑えて腕時計のオーバーホールを行いたい場合は、正規店舗ではなく身近にある時計専門店の利用がおすすめです。

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る