menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

長く愛用していくためにタグホイヤーのメンテナンスを

長く愛用していくためにタグホイヤーのメンテナンスを

腕時計をしていることに意味はあるのか


携帯電話やスマートフォンに時計の機能が付いていることが一般化していく中、腕時計を所持するということのあり方を考えるようになってきました。最近は腕時計をしないという人も増えてきています。ビジネスシーンにおいて、時間を知るのに携帯電話やスマートフォンを取り出すというのは、マナー的にいいことではありません。スマートな動きでもなく、失礼と感じる人も少なくありません。商談などにおいて信用してもらいたいと考えるのであれば、腕時計をしていると相手に良い印象を与えられる可能性があるということも考えなければいけません。
こうした風潮の中でも、タグホイヤーは人気が高い腕時計のひとつです。購入しやすいメーカーでもあり、就職して初めて手にした給与で購入した人もいるのではないでしょうか。知名度が高いということもありますが、価格も手ごろで入手することができるのは、魅力として大きいでしょう。ステータスとして考えても、十分な品質を持っていることも重要です。仕事をしっかりとしている人なのだという印象を与えることにもつながりますが、だからといって、高級すぎるような価格というわけでもありません。社会人として身につけることを考えると、機能的なことを考えても、使い勝手の良い腕時計メーカーとなっています。
現実的に購入できる価格帯がそろっており、性能もしっかりしています。安かろう悪かろうではありません。デザイン的には、若者向けであることはデザインもありますが、高級感も感じさせるものであり、コンセプトもしっかりしています。デザインを見てみると分かりますが、これなら安心して身につけられると思わせる部分があります。遊び心でつけるような時計とは異なり、実用性の高い時計であるということがわかるからです。

スポーティーでありながらも重厚


タグホイヤーは、そのネームバリューからも知られているように、スポーティーなイメージを持っています。それでいて、個性ははっきりとしているところが特徴です。高級時計の中でもスポーツ感が強く若々しく映ります。だからといって、安っぽさなどはなく、どちらかといえば重重厚な印象です。遊びのような感覚は少なく、実用性の高さがはっきりと見て取れます。こだわりということも感じ取れる作りは、安価な腕時計とは明らかに違いがわかる部分です。
タグホイヤーの時計をつけていれば、思わず目がいくことになるでしょう。必ず目立つといえるほど、はっきりとした存在感を前面に出すことが可能です。タグホイヤーの時計を付けているというステータスもありますが、センスのいい時計をしていると見えるようになることも重要です。仮に商談相手などが時計メーカーとしての名前がわからなくても、しっかりとしたものを身につけているということを感じてもらうことができるのではないでしょうか。
せっかく高級感も感じさせる作りになっている以上、メンテナンスをしていくことを考える必要があります。しっかりと動くようにしていかなければ、時計としての機能を果たすことができなくなってしまいます。もしも、他人の目に入ったとき、腕時計が正確な時間を指していなければ、なぜ時計をしているのかと疑問に思われてしまうこともあり得ます。いい時計をするということは、それだけの面倒も見ているということが重要になってくるのですから、メンテナンスは欠かさずおこなう事が大切です。

メンテナンスをすることは必要なこと


タグホイヤーは、定期的にメンテナンスを続けていけば、一生使い続けていくことができます。これが品質の特徴ともいえますが、壊れないというわけではありません。精密機器なので、そのままにしておけば壊れてしまう部品も出てきます。摩耗してしまう部品もあることが理由のひとつで、長く使い続けていくことを考えた時には、時計はメンテナンスをすることが重要となります。
オーバーホールと呼ばれるメンテナンス方法もありますが、細かな調子も見ていくことになります。時計の中部には油が使われているので、補充をしなければ故障に繋がる原因になります。
油が劣化していくこともありますので、これも壊れる要因になってしまうことも頭に入れておきます。分解して洗浄し、摩耗した部分を交換することによって、さらに長く使っていくことができるようになります。正確に時を刻むようにするためには、定期的なオーバーホールをすることが、タグホイヤーも必要となっています。
オーバーホールに関しては、メーカーに依頼するだけが方法というわけではありません。時計のオーバーホールを専門としている修理店もあるため、利用すると良いです。実際にメーカーに依頼するのと変わらない品質を持っているだけではなく、すぐに対応を始めてもらえる場合もあり、時計を預ける時間も短縮することができるようになります。メーカーでもオーバーホール専門店でもしっかりとした対応をしているでしょう。少しでも早く手元に戻したくなるのも当然のことなのですから、専門店の利用も方法の一つです。

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る