menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

間違った見方は損をするオリスの腕時計

間違った見方は損をするオリスの腕時計


スイスの腕時計専門メーカーであるオリス



腕時計といえば、スイスと答える人も多いでしょう。実際に多数のメーカーがしのぎを削っており、多くの時計が生まれてきました。独特のメカニズムも多数生まれ、世界をけん引してきたからこそ、スイスの時計は認知されてきたといえるでしょう。その中で、オリジナルのデザインを持って生産されているのがオリスです。

1904年にスイスで誕生したオリスは、腕時計を専門としているメーカーとして知られています。社名についているオリスは、近くを流れるオリス川が由来のもとです。他社とは違う技術を使うことで知られていますが、デザインも独特の雰囲気を持っているといえるでしょう。高級ブランドではありますが、日常生活で使うということを大前提にしています。日常の道具として使うことができなければ、生まれてきた存在価値がなくなるということでもあるでしょう。そのコンセプトが生かされているため、機械式としても安価なモデルが多くあるところが特徴です。

高級時計といえば高額な商品が多い中、その中でも手に取りやすい価格でコンセプトを崩さず、腕時計以外を作らないということを貫いています。この経営方針もかなり珍しいメーカーといえます。

戦闘機パイロットが使うことを考え作られたこともあるため、そこからメカニズムをフィードバックさせて開発したこともあるメーカーです。こうした流れが、独特のデザインを作り出してきたといえるでしょう。中でもビッグクラウンは、その航空機時計のメカニズムを製品化したもので、非常に特徴的です。これは、パイロットが操作する場合に、手袋を外さずにできるように考えられており、全面に張り出したかたちをとっています。なかなかない面白みを持っているデザインが生まれてくるのには、それなりの話があるといえるでしょう。



機械式の入門を目指すという意味



オリスといえば、非常に安価で購入できるモデルを出していることで知られています。こうしたことが、日本では評価を下げることがありますが、これは大きな間違いです。入門用であるといわれることもありますが、これは価格帯が数万円であるのにもかかわらず、機械式だからということになるでしょう。だからといって、品質が悪いと評価する人がいるのは、完全に読み違えでです。

なぜかといえば、オリス自身が機械式の入門用を作っているからです。品質が悪い入門用の安価な時計なのかといえば、オリスは非常に厳しいチェックをしており、高いレベルの完成度を誇ります。パーツごとに強度も品質もチェックを重ねますし、完成品のチェックも通らなければ販売されません。

低価格であっても、スイスの腕時計メーカーとして高い品質を保っているからこそ、入門用と位置付けているといえるでしょう。この言葉を勘違いしてしまえば、本当の価値を見逃しているといえます。そんなことをしていては、この業界で生き残っていくことはできないでしょう。

低価格帯ということでは、クロノグラフモデルであっても、かなり安価で購入できます。多機能でありながらも、手が届く価格になっているのは、うれしいところでしょう。機能的にもしっかりとしており、独自開発の機能を取り入れることで、デザインも美しく出来上がっています。

ファッション性も高く、多くの人が身につけているのを見かけることでしょう。



品質の高さを見失わないこと



オリスの日本での評価が上がらなかった理由のひとつが、ムーブメントにあることはよく知られています。この価格帯での品質は、他の追従を許さないほど高かったのにもかかわらず、これが問題点とされていたといえるでしょう。もともとは、自社製ムーブメントを採用して開発もしていましたが、エタ製の半完成品を採用するようになりました。これを加工して使っていましたが、現在では自社製のムーブメントに戻しています。開発も製造も再開しており、オリジナル製品になったともいえるでしょう。それでも、価格帯を引き上げたりしているわけではありません。高いレベルを維持したまま、しっかりとした製品を作り上げているのですから、その評価をもっと高く見直すべきだといえるでしょう。

オリスには、さまざまな腕時計があります。オールドスタイルなデザインなものもあり、奇をてらったデザインではなく、しっかりと作りこまれていることがわかるでしょう。それを安価で手に入れることができるのですから、外すことができないメーカーであることは間違いありません。高い品質を保つために、細かな改良も欠かさずおこなわれており、適正金額を外さずに売り出されています。

コストパフォーマンスが良いというだけで片付けてしまうのには、あまりにもったいない時計があるでしょう。本当に中身を知れば、もっと高い評価をするべきだということに気が付かされる時計だといえます。使ってみてわかる品質の高さが、オリスだからです。


ORIS(オリス)オリスの修理・オーバーホールのページはこちら

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る