menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

IWCのオーバーホールを依頼!大切な時計を守るために

IWCのオーバーホールを依頼!大切な時計を守るために




オーバーホールとは



皆さんは大切な時計たちをどのようにケアしていますか。電池がなくなったり、腕に巻く部分の革が傷んだりしたら、それらを交換するというように対応している人は多いことでしょう。しかしながら、「大切な時計だから定期的にメンテナンスしよう」と思う人は、実のところ少ないのかもしれません。なぜなら時計は動く限りはどこか悪くなったという印象はほとんど持ちませんし、電池切れや明らかな摩耗までいかなければ、放っておかれることが多いからです。

しかしながら、高級な時計を身につけている人も多いです。誰かからプレゼントされたり、記念に購入したりしている人が多くIWCのような高級時計を愛用している方ももちろん多くいます。それなのに、「何かあったときでないと修理はしない」というのは、とてもリスクが高いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、時計のオーバーホールです。これは、時計を全て分解して、細かなところまで丁寧に掃除をすることです。定期的なケアをすることで、できるだけ長く時計をよい状態に保つことができます。こうした作業は、もちろんなかなか素人にはできないことですから、オーバーホールの専門業者にお願いすることになります。自分で無理にメンテナンスを行うことはおすすめできません。

依頼できる業者はいくつかありますが、一番大切なのは、自分の時計を大切に扱ってくれ、そのうえ技術がきちんと備わっているところに依頼することです。時計は一生ものとして使っている人も多いですから、いい加減な業者に依頼して壊されてしまっては大変です。IWCのようなブランドであれば、なおのこと適当なメンテナンスは許されません。きちんと調べて対応してもらえるところを選びましょう。



オーバーホールのやり方



自分の持っている大切な時計を定期的にケアをしようと、オーバーホールを依頼する人は多くいます。普段何気なく使っているものですから、知らないうちに摩耗していることも多いため、プロにメンテナンスをしてもらうことはとても大切といえるでしょう。しかし、いくらプロにやってもらうとしても、どんな風にケアされているのか気になる人も多いのではないでしょうか。その方法を、少しだけご紹介しましょう。

業者にもよりますが、まず時計を分解できるところまでほとんど分解してしまいます。ここは業者の力が試されるところといってもよいところです。なぜなら分解して掃除した後、きちんと元に戻さなければならないからです。IWCのように高級な時計ならなおさら、適当に元に戻すことはできませんし、高い技術力を必要とするところでしょう。

時計をきれいに分解したら、次はそれぞれをきれいに掃除していきます。時計を洗うための専用の洗浄機を使い、丁寧にケアをすることで見違えるほどきれいになります。時計の中ってそんなに汚れるのかと思われるかもしれませんが、24時間動き続ける時計は消耗も激しく、錆が自然とついてしまうこともあります。取り除いておくとスマートといえるでしょう。

きれいに掃除したら、最後に油を注入し、すべりをよくしてから元の状態に戻します。それぞれの部品がうまくまわらない状態では掃除をした意味がありません。油を注入するのは自転車などと同じように、するするとそれぞれの機械がうまく回るようにするために欠かせない作業です。最後に時計の動きを調整し、メンテナンスは終了となります。



メリットと注意点



オーバーホールをプロに依頼することは、とてもたくさんのメリットがあります。一番のメリットは、なにより、あなたのお気に入りの時計が十分に長持ちするということでしょう。時計は何かしらの記念日にもらったり、自分で購入したりと、特別な思い入れを持っている人も少なくありません。だからこそ、できるだけ長く、大切に使いたいものです。日頃から中を掃除し、油を注入しておけば、時計はいつまでも新品のような状態を保つことができて、長持ちします。業者によっては中の掃除だけではなく、外側に磨きをかけてくれるところもありますから、見た目にも新品の状態をキープすることができるでしょう。

しかしこうしたケアをきちんと行うために注意しておかなければならないのが、業者をきちんと選ぶということです。現在時計をメンテナンスしてくれる専門業者は数多くありますが、どこでも適当に頼めばよいということはありません。できるかぎりあなたの心配を取り除き、丁寧に時計を扱ってくれる業者を探すべきでしょう。例えば、IWCの時計をメンテナンスしてもらいたい場合、扱いがぞんざいなところや、分解し慣れていないところに依頼するのはちょっと危険かもしれません。IWCの時計を扱ったことがあり、あなたの不安や悩みをきちんと聞いてくれるところをおすすめします。

自分だけのケアでは大切な時計を長くつけ続けるのは難しいことです。なぜなら時計は日々動き続け、外見だけではなく中の部分の消耗も激しいからです。定期的にプロにメンテナンスを依頼し、あなたの大切な時計が長持ちするように努めましょう。

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る