menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

IWCの豆知識と修理、オーバーホールについて

IWCの豆知識と修理、オーバーホールについて

IWCについての豆知識



IWCことインターナショナルウォッチカンパニーは1868年、ボストン出身の時計技術者フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズがスイスのシャフハウゼンという土地で創業しました。この土地はドイツ語圏に該当し、時計製造の中心スイス、フランス語圏から離れたところにあります。彼はスイスの職人技とアメリカの当時の最先端製造技術を合わせてクオリティーの高い時計を作ろうとし、知名度を上げていきました。IWCは高級時計として、今もなお人々に愛用されており、シャフハウゼンはインターナショナルウォッチカンパニー設立の地として知られています。近代的で水力発電所を中心に、工場や各種機器へと動力を供給するシステムが成り立ち、それが現代まで受け継がれています。

IWCの機械式時計はタイムレスなデザインと精巧なエンジニアリングを融合させたもので、極めて精密な手作業で作られたものです。職人の鋭い目と精密な工具で一つひとつのパーツを手作業にて丁寧に組み立てており、正確さ、機能、デザインとどれをとっても緻密な技の集大成となっているので、職人冥利に尽きるものでしょう。シャフハウゼンで働く製造技術者、デザイナーによって、伝統は受け継がれています。

一つの豆知識として、IWCことインターナショナルウォッチカンパニーのこのような歴史、仕事のやり方を覚えておいても良いでしょう。この時計を愛用している人でしたら、時計を見るたびにインターナショナルウォッチカンパニーの歴史を思い出すかもしれません。そうなるとこの会社の機能的な考え方を応用して仕事に活かせるという可能性もあります。あってもなくてもいいように思われがちですが、このように豆知識は大事です。



修理とオーバーホール



まずは、豆知識としてIWCのオーバーホールがどのようなものか、覚えておきましょう。オーバーホールとは時計の修理のことです。実は、時計の部品には適切な油が注油されています。それは各部の摩耗を防ぐためですが、この油は3年ほどで乾き、汚れとなってしまいます。そのままでは、中の機械がだめになってしまうので、オーバーホールに出して修理をするというわけです。メーカーによっては定期的にオーバーホールが必要なものもあります。IWCはそういった類いの時計ではありませんが、不具合等が生じた場合はオーバーホールに出すと良いでしょう。

どのような不具合があるか、例を挙げると、動かなくなる、傷がある、秒針が遅れる、水滴が出る等の現象があります。そうした場合はムーブメントの潤滑油の乾き等が原因であることが多いため、オーバーホールをして徹底的に修理すると、問題の解決に至ります。また、新品のようにぴかぴかになる新品仕上げをしてくれる時計修理専門店もあります。新品仕上げは有料ですが、それほど高い金額ではないので、頼んでみるのも良いでしょう。このような修理方法だと、何日かかかるようにはなりますが、新品のように綺麗になって戻ってきてくれるため、オーバーホールに出した甲斐があり有難いものと感じられることでしょう。

オーバーホールを定期的に行うと時計はより綺麗に長持ちするので、こういったオーバーホールは定期的に頼むことがおすすめです。お金はかかりますが、長く使えようになることを思うと、考えようによっては安いものだと言えます。



オーバーホールのメリット、デメリット



IWCの豆知識として押さえておきたいうちの一つはオーバーホールについてのメリット、デメリットです。

まずはメリットですが、オーバーホールによって時計が長持ちするということです。ムーブメントは年月とともに劣化しますから、メンテナンスをすることで復活します。また、事例で多いのはムーブメントの油汚れなので、これを解決するためにはオーバーホールを行うことがベストです。オーバーホールなど修理を専門とする会社は複数あるため、その中でも古くからこのような修理に携わっているようなお店を選ぶようにしましょう。大抵のサイトはメールでの修理依頼ができるようになっており、スムーズにオーバーホールに出せますし、電話での依頼が可能なところもあります。ただ、どこを直してほしいか等は、メールであれば明確に書き、電話であれば内容をうまく話してオペレーターに伝えたりという方法で対処をしていきましょう。

また、オーバーホールにはそれなりの費用が必要となります。それでも、長く使うものですから、修理ができるものはしてほしいものでしょうし、お金がかかるといっても、オーバーホールをすることによって長持ちさせられるため、長い目で見るととても高い費用というわけではありません。

修理の日数も事前に確認をしておきます。これで不都合があれば、頼むお店を変えてみると良いでしょう。もっと短い日にちで送ってくれるというところもあるので、こうしたところを探してみるのも良い解決策になります。大抵は1カ月くらいかかることが多いですが、早く済むところでは3週間ほどです。これだけでも印象がずいぶんと違うでしょう。メリットとデメリットの両方をふまえ、時計を大切に扱いましょう。

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る