menu オーバーホールとは 修理依頼
オーバーホール修理事例

IWCの魅力や歴史とメンテナンスについて

IWCの魅力や歴史とメンテナンスについて

IWCの魅力について



日本には数多くの高級腕時計ブランドがあります。街中には正規販売店もあるため、利用して購入することが可能です。腕時計はアクセサリーの一種として扱われますが、ファッション性を高めるためだけでなく実用性を兼ね備えたアクセサリーです。例えば、時間を確認することができます。今ではスマホを使用して時間を確認する人も多いですが、パンツのポケットや鞄に入れて持ち歩く人が多く、時間を確認する時に取り出さなければならないため、取り出すことに手間を感じる時もあります。また、スマホで気軽に時間を確認できない環境に身を置く機会も珍しくありません。例えば目上の人の食事会の時はスマホ操作をすると相手に不快感を与える可能性もあります。また、スマホはインターネット検索などもできるので、試験中に操作しているとカンニングを疑われる可能性もありますので、腕時計で確認するのが適切です。

日本で高級ブランドと呼ばれる腕時計はたくさんありますが、その中の一つにIWCがあります。実際に購入を考えている人の中にはどのようなブランドを選択しようか迷っている方もいるため、今回はIWCの魅力について紹介します。魅力の一つには洗練されたデザインを挙げることができます。高級時計を選ぶ際の要素の一つとなるのがデザインです。なぜなら先ほども少し紹介したように腕時計はファッションの一部なため、できるだけ自分好みのデザインの腕時計を身に着けたいと考える人が多いです。実際にIWCのデザインは高く評価されており、デザインが好みのためこの有名腕時計有名ブランドメーカーを選択する人は少なくありません。

その他の魅力としてはシリーズによって高い視認性や耐磁性を期待できるものがあります。腕時計は時間を確認するためにも使用されるので、できるだけ容易に確認ができる腕時計をはめたいと思う方も多いです。他のブランドに比べて視認性が高いため、時間の確認がしやすいです。また、耐磁性が高いので、その点に魅力を感じる人もいます。防水性に優れている点も特徴の一つになります。実際に腕時計は水の危険に晒されることは珍しくありません。例えば外出先でもはめて外に出ます。この時に雨が振っていれば雨水が腕時計に付着してしまう可能性もあります。また、珈琲やジュースなどの飲み物を飲む時も腕時計をはめた状態で頂く人もいますが、その時もコップから飲み物が溢れる危険性があります。このように水に晒される危険性が高いため、防水性が高いと長持ちさせられる可能性を高めることができます。



IWCの歴史



このようにIWCにはさまざまな魅力がありますが、購入を検討している人やIWCに魅力を感じる人の中には歴史まで知っておきたいと考える人も少なくありません。歴史は1868年にまでさかのぼります。この時に現在のIWCとなる事業を創業しています。創業をした人はFlorentine Ariosto Jonesさんと、Heinrich Moserさんになります。

現在のスイスシャフハウゼンで創業しました。また、過去の歴史においては軍専用のパイロットが使用する時計の開発と販売も行っており、一般人だけでなく軍人でも使用できる時計の開発をしました。その後も数々の製品を発売し、現在では世界的に知られる有名高級腕時計ブランドになりました。このように歴史を知ることでどのような製品を開発してきたのかやIWCの歩んできた道を知ることができます。



IWCのお手入れについて



IWCの腕時計は先ほども述べたように防止性、耐磁性が高く、基本的には簡単に壊れないようになっています。しかし、一般的な腕時計よりも高級時計になるので、価格が高く、できるだけ長持ちさせるためにお手入れを検討している人もいるでしょう。IWCの中にはゼンマイ式の腕時計も存在しており、ゼンマイ式は定期的にお手入れを業者の人に依頼するのが一般的です。ゼンマイ式はゼンマイが駆動になりお互いの部品が協力しあいながら時計の針を動かしているので部品の滑りが悪くなると正しい時間を針が示せなくなります。そのため、定期的に注油をして滑りの改善を図ります。また、防水性が高いことで知られていますが、メンテナンスを定期的に行わないと防水のための部品が劣化して中まで水が侵入してしまう可能性もあり、もし劣化しているのであれば防水のための部品を交換しなければなりません。

このようにゼンマイ式を長持ちさせるための定期的なメンテナンスのことをオーバーホールと呼びます。実際に依頼できる業者はメーカーや修理業者、販売店などになります。この中でも選択する人が比較的多いのが専門の修理業者になります。その理由は価格です。メーカーに依頼する時よりも半値で対応してくれるところも多く、安い価格でサービスを受けることができます。実際にメンテナンスは定期的に行う必要があるので低価格であれば負担を少なくできるためメリットを感じる人も多いでしょう。

次の記事へ
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る