月別アーカイブ: 2013年7月

ロレックス デイトナ Ref.16520のブラウンダイヤル

こんにちは。時計修理専門店シエンの山口です。

本日はちょうど修理完了したRef.16520のブラウンダイヤルを紹介します!!

16520ブラウン 16520

(左)通称ブラウンダイヤル (右)通常の文字盤

このようにRef.16520の文字盤のインダイヤルが茶色く変色しているモデルが存在します。このモデルを『ブラウンダイヤル』や『ブラウンアイ』と呼ばれ時計好きにはたまらない文字盤になっています!

ブラウンダイヤルは1990年代初期から中期にかけて稀にみられるのですが、理由は定かではないです。 一番有力なのが、前回紹介した手巻きデイトナと同様、塗料の変色によるものだと思います。

ですので、綺麗に濃い茶色に変色しているものもあれば、薄い茶色に変色しているモデルもあります。

もちろん、中のムーブメントはCal.4030ですので、時計修理専門店シエンにて綺麗にオーバーホールと新品仕上げをさせていただきました!!!

ROLEX(ロレックス)デイトナ
ロレックス デイトナの修理・オーバーホールのページはこちら


ロレックス デイトナの隠れたレアモデル

こんにちは。時計修理専門店シエンの山口です。

今回はまたデイトナの話に戻り、かなりレアなデイトナを紹介したいと思います。

手巻きブラウン

通常モデルのラインナップには存在しないデイトナのブラウンダイヤルです!!!

1960年~1970年代に見られ、中東地域の特別モデルという噂があります。写真はわかりやすい色になっていますが、実際はブラックと見分けがつきにくいモデルもたくさんあります。

塗料の違いによって変色したからだという噂もあり、その事実は未だにわかりません。

ROLEX(ロレックス)デイトナ
ロレックス デイトナの修理・オーバーホールのページはこちら