menu オーバーホールとは ブランド別価格表 修理依頼
オーバーホール修理事例

OMEGA(オメガ)の修理・オーバーホールについて

オメガ つきで初めて時を刻んだ
時計修理専門店シエンでは、数知れずのオメガのオーバーホールを手掛けてきました。 オメガが打ち出しているコーアクシャル機能のモデルは勿論、昔のモデル~現行モデルまで全て純正パーツで最高の修理・オーバーホールをお約束します。

オメガのムーブメントに使われている部品数は少なくとも100以上あり、クロノグラフ機能などが付くと部品数はおよそ200にもなります。各部品に潤滑油が注してありますが、約3~5年ほどで油が汚れたり乾いたりするため、定期的にオーバーホールをされないと油切れで歯車などの各部品が摩耗してしまいます。良いコンディションを保つにはオーバーホールをしていただくことが必要不可欠となります。オーバーホールの料金は時計の状態にもよりますが、オメガ専任の技術者が正確な見積りを最初にご案内させて頂きます。

オメガ オーバーホール価格表

OMEGA

ブランド名 種類 メーカー
標準修理価格
メーカー納期 シエン標準修理価格 シエン標準修理価格
(新品仕上げ含む)
シエン納期
OMEGA クオーツ 33,000 約1.2ヶ月~ 16,000 23,000 約3週間
クオーツ・クロノグラフ 52,000 28,000 35,000 約3週間
手巻き 36,000 18,000 25,000 約3週間
自動巻き 36,000 23,000 30,000 約3週間
クロノグラフ 55,000 30,000 37,000 約3週間
※コーアクシャルモデルは別途+5,000円
見積・修理依頼

経験豊富な技術者によるオメガのオーバーホール工程

オメガ OMEGA

オメガのメンテナンス

オメガのオーバーホールとは、ムーブメントの分解・洗浄・注油を行い、オメガ専任の技術者によって再度組立しながら調整を行います。内部潤滑油の状態が悪くなると作動不良や精度不良、パーツの摩耗などの原因になります。経験を積んだ技術者がご期待に添えるようメンテナンスさせて頂きます。外装の傷が気になるお客様にはオーバーホールとセット価格で新品仕上げ(磨き)をご案内させて頂きます。オメガのケースやブレスは鏡面仕上げとヘアライン仕上げの組み合わせが多いですが、ベテランの技術力で本来の輝きを取り戻します。無料見積りを行っておりますので何か気になる点は時計修理専門店シエンまでお問合せ下さい。時計をお送りいただく際は、全国対応の無料梱包キットをご用意しております。
分解

STEP 01

分解

ダイヤル・針を取り外し、ムーブメントのネジや歯車など全パーツを慎重に分解していきます。
洗浄

STEP 02

ムーブメントの洗浄

各パーツをバスケットに入れ、専用の超音波洗浄機で徹底的に汚れを取り除きます。
部品の交換

STEP 03

クリーンネス

洗浄後は汚れが取れているか全パーツをルーペで確認していきます。
ムーブメントの組立と注油

STEP 04

部品交換

オメガ専任の技術者が部品の交換が必要か判断致します。交換が必要な部品はオメガ純正部品のみ使用されます。
部品の交換

STEP 05

ムーブメントの組立 & 注油

オメガ専任の技術者が1つ1つ専用の潤滑油を使用してパーツを組み上げていきます。熟練技術者の経験による注油で各パーツの摩耗を最小限に抑えコンディションを維持させます。
精度調整

STEP 06

精度調整

クロノグラフ部分を組み立てる前に、この時点で精度の確認を行います。オメガはクロノメーター認定モデルと認定されていないモデルが存在していますが、日差10秒以内を心掛け調整しております。
新品仕上げ(ケース・ブレスの磨き)

STEP 07

新品仕上げ(ケース・ブレスの磨き)

オメガの仕上げは、鏡面仕上げの部分とヘアライン仕上げの部分が組み合っているモデルが多く、熟練した技術者でなければ非常に困難な作業です。弊社は熟練したオメガ専任の研磨技術者が対応させて頂きますのでフォルムを崩さず本来の輝きへ仕上げさせて頂きます。
※オーバーホールをされる場合、新品仕上げはサービス価格でご案内しております。
針・ダイヤル・ケースの組立

STEP 08

針・ダイヤル・ケースの組立

針やダイヤル、ケースなど慎重に組み立てていきます。パッキンが劣化しているとこの時点で交換させて頂きます。
防水検査

STEP 09

防水検査

防水検査機にて防水性が保たれているのかテストを行います。時計に加圧を加え時計の変化を算出して判断します。
パワーリザーブ(持続時間)・巻上点検

STEP 10

パワーリザーブ(持続時間)・巻上点検

ゼンマイを一杯に巻上げた状態の持続時間のチェックと巻上機にて自動巻機能が正常に作動しているか確認致します。
検品&完了

STEP 11

検品&完了

最終の品質検査として精度の確認、外装の状態を確認して基準を満たしているのか確認します。オーバーホールを行ったオメガには1年間の保証をお付け致します。
無料見積り依頼・お問い合わせはこちらから
▲このページのトップに戻る